×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PAST ENDING III〜砂漠の鷲と人形劇〜


[Return Index]

バサバサバサッ。

銃声に驚いてどこかへ飛んでいっていたはずのカラスが、
再び戻ってきて肩の上にちょこんと止まった。

「……お前か」

往人はだるそうにそう言った。
背中には気絶している晴子を背負っている。
どこかに傷を負っていないかと調べたが、
とりあえず致命傷になり得そうな傷は無かった。
――後頭部が経れているのが、少し気になったが。

頭部が砕かれたあのロボットは放置してある。
不憫かとは思ったが、生憎埋葬してやるほどの義理も無かった。

往人は智子のいるところまで戻ってきた。
木に寄りかかり座っている智子。
ずいぶんと疲れた様子で、肩を落とし、目を瞑り、まるで眠っているかのようだった。

「……なんとかなったみたいやなぁ」

目をゆっくり開いて、往人の姿を認めた智子は、ぼそっとそう言った。

「あんたのおかげで晴子を助けることが出来た。
 礼を言う」
往人はそのまま軽く礼をした。

「いややなぁ……。そないなこと言うたら、うちかて礼言わしてもらいたいわ」
ほおと口元を吊り上げて、色褪せた笑みを智子は浮かべた。

「ホンマに幸運やわ……。あんたやろ? 晴子さんとこに転がりこんどった人形遣いは」
「ああ」
「そうか……。なんやそんな気がしてたんや。血相変えて走ってくんやもんな……。
 よかったな、再会できて」
「……全くだ」

ずり落ちてきそうだった晴子を、往人は背負いなおした。

ふと、往人の右手の銃が智子の目に入る。
「あんたの武器……、その銃か?」
「ああ」
「ちょい見してみ」

往人はその銃を手渡す。

「へへ、無用心やなぁ。簡単に武器渡してもうて……」
「あんたにはそれは撃てないからな」
「……そうやな。
 なんや、よう分かっとるんやん」
「まあな」
智子は乾いた瞳で自嘲していた。

手の中に入ったその銃に目をやる。
「……なあ、あんたこの銃何て言うか知っとるか?」
「いや」
「うち知っとるねん……。どや、凄いやろ……?」
「そうだな」
「前、……な。
 藤田君とゲーセン行った時のことや。
 なにやら分からんけど、新しいゲームやって付き合わされてなぁ。
 何やったかなぁ……。
 何か、ゾンビがうじゃうじゃ出てきて、それを撃ち殺してくゲームやった。
 結構難しくてなぁ……。
 なかなか上手くいってくれへんかった……。
 やっと上手くできるようになった、そう思えたとき、
 私が使っとったキャラが装備しとったもの、
 それがこの銃やった。
 あんまりリアルな造りでな、
 それが頭に焼き付いて離れんかったんや。
 で、じーっと眺めてたら藤田君が教えてくれたんよ。
 『ああ、それは”デザート・イーグル”だな』って。
 うち、ホンマにそう言うのには疎くてなぁ。
 へ? 銃に名前なんてあるの?
 そんな返事してもーたわ……。
 だから……、それだけは……知っとる。
 あんたの持ってるこれには、砂漠の鷲の名が刻み込まれておるんや……。
 覚えときや……、この誇り高い銃のことを……」

智子はデザート・イーグルを往人に返した。

「そうか……、名前があったんだな」
往人はその無骨な銃を眺めて、感慨深そうにそう言った。
残弾は……残り一発。
最後まで……俺を助けてくれるか?
たった二日……されどとても長い二日を経て、
往人はその銃と、何か見えない絆が出来ていたような気がした。

「あー……、そうや。忘れもんがあるで……」

力が抜けただるそうな口調はさっきからのことであったが、
それがさらに進行したような……それほどに智子から生気が薄れていっている。
目も、また閉じかかってきている……。

「何だ……?」
「観鈴や……。あの子、あっちに置いて来てもーたわ……。
 すぐ近くやから行ってやり……。
 それで、……全員や」
「……分かった」

往人は返事をした。
だが、その瞳はずっと智子を見つめていた。

「しかし、あれやなぁ……。
 折角お目にかかれたことやし、
 うちもその不思議な人形劇を拝みたかったんやけど……、
 ちょっと無理そうやなぁ……」
「……やるか、今ここで?」
「できるんか……? それはうれしいわ……」

往人は背中から晴子を下ろし、後ろ手に人形を取り出した。

ばさっばさっ。

さっきまでおとなしくしていたカラスが、突然のように騒ぎ出す。

「何や……、カラスまで喜んどるわ……」
「そうみたいだな……」
往人はうざったそうにそれを振り払う。
「さて……、あまり大したことは出来んぞ?」
智子はゆっくりと頷いた。

そして一呼吸置いて往人は行った。
「――さぁ、楽しい人形劇の始まりだ」

――本当に、今の往人に大したことは出来なかった。

「ハハ……本当に動いとるわ。……すごい」

――だけどその人形は、死に際の智子の心を、確実に潤していた。

「冥土の土産にいいもん見せてもらったわ……。

 ――しかし、あれやなぁ……。
 生兵法は怪我の元言うけど、まさか致命傷になるとは思わなかったわ――」

「智子さん! それに往人さん!?」
後ろの方で声がした。

「……観鈴」
「何や……あれほど動くな言うたのに」

泣きそうな顔で観鈴は言った。
「だって……、たくさん銃を撃つ音が聞こえて……。
 それでもしお母さんや智子さん死んじゃったら、
 私、独りぼっちになっちゃうって、そう思ったら……」

観鈴の手が、智子の視界に入った。
黒く土で汚れ、爪先まで土が詰っている。

「そか……、埋めてやったんか……。偉いで……」
「う、うん。あそこは土が柔らかかったから、だから」
コクコクと観鈴は頷いた。

智子は往人に目をやった。

「……あとは頼むで」
「……分かった」
ただ、それだけで済んだ。

「すまんなぁ観鈴……。よかったらうちのことも埋めたってや。
 もう、逝くよってなぁ……」

え、と観鈴が聞き返すよりも早く、彼女の目は閉じられた。
智子は少し遅い眠りについた。

永久に目覚めることの無いそれに浸る智子の顔は、これもまた安らかに見えた。

――先に逝くで、晴香。

078 保科智子 死亡
【残り 36人】

[←Before Page] [Next Page→]