×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PAST ENDING IV〜縁〜


[Return Index]

観鈴は泣いた。
ただひたすら泣いた。
往人の胸の中で、遠慮の無い大きな声で泣き叫んだ。

往人は、黙って観鈴の小さな体を抱いていた。

多すぎた。
あまりにも多すぎた。
涙を流す理由が多すぎた。
再会の喜びも、生き延びる苦しさも、別れの悲しみも、全てが含まれていた。
ただただ涙を流す、それしか今の観鈴には出来なかった。


そしてようやく観鈴が泣き止んだとき、晴子も目を覚ました。

安らかに眠る智子を見て、

「何やぁ……、先に逝ってもうたんか……智子……」

晴子は泣かなかった。
ただ一言、寂しそうにそう言った。
寂しそうに……、とても寂しそうに……。

「うちがここにこうしておるっちゅうことは、
 智子かあんたが助けてくれたっちゅうことか?」

「二人ともだ」

少しして、晴子はそれを往人に聞いた。

「そこの女に感謝しなくちゃならない……。
 オレは彼女があんたの名前を叫んでるのを聞きつけなければ、
 ここに来ることは無かった。
 きっと銃声を避けていただろう。
 オレが……いやオレたちが再会できたのは彼女のおかげだ」

「そうやったか……。ありがとうな、智子」

振り返った晴子は、智子に向かってそう言った。

「死に際に贈る人形劇ほど悲しいものは無い、
 ということが身にしみて分かった。
 結局、今も昔も、俺は何も出来なかった……」

智子を埋葬したあと、ぼそっと往人は呟いた。
ここの土は少し固くて、3人がかりでも穴を掘るのに
時間がかかってしまった。

「そんなことないよ」
観鈴は往人に言った。

「往人さんの人形劇は、心をあったかくさせてくれるから……。
 だからきっと智子さんも安らかに眠っていられるんだよ」

「そうか……」
往人は言葉を濁した。

「せや。最後にのどかな気持ちでいられたんなら、
 それは幸せなことや」
晴子が口を挟んだ。

「人がたくさん死んでいく。
 無駄な死なんて一つも無いけど、せやけどその全てが弔われるわけでもない。
 この殺伐とした空間で、死に場所を用意して、あの子は誰かに看取ってもらえたんや。
 それだけで……十分何や」


――用意された未来を、否むために走る。
硝煙に消えた想いは、後進を行くものに継がれていく。
始まりの終りは、終りの始まり。
過ぎ去った結末を映し出していた長い夜は、
もう、終りを告げようとしていた――。

[←Before Page] [Next Page→]