×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

廃棄処分


[Return Index]

 潜水艦コクピットに無線連絡が入る。
 上空。長瀬一族から。
 『オリジナル』高槻は、回線を開いた。
 彼にとって、悪夢の通達であることも知らずに。

「はいはい、こちら高槻」
「あぁ、高槻か。
 君はさっきの放送でまた、無駄な介入をしたね?」
「あれですか?
 だってあぁでもしないと、あのお人好し連中動かないでしょう?
 結託して脱出試みらるのもマズいですし、現にさっきも襲撃が……」
「高槻、君は前の通告を覚えているかね。
 我々は『いかなることがあろうとも』無駄な介入を避けるように言った。
 我々の命令がきけんのなら、君はもう必要ない。
 ゲームに加わりたまえ、新たな参加者として、ね」

「……は?」
「君はいらない。そういうことだよ。
 今となっては言ってしまうが、参加者に脱出されようが、それは一向に構わないのだよ。
 その結末だって賭けの対象の一つなのだ。
 我々の権力を持ってすれば、『脱出後に口を封じる』ことも容易なのだから。
 それを君は、自己の保身や思考で動き過ぎた。
 駒としての立場を忘れてね。
 そんな君は、もういらないんだよ」
「……なっ!
 俺は今までFARGO代表として数々のゲームの管理者をやってきたじゃないか!
 貴様ら、今さらそんな俺を捨てるのか!?」
「言っただろう。使えない駒はいらない。
 それに、劣化しすぎたコピーにも限界が来ているようだしね。
 君は自分が『オリジナル』だと信じていたようだが、君だってクローンなのだよ。
 本物の高槻は、数回前のゲームで参加者に殺されている。
 あの頃は本当に使える男だったのだが、残念だ」
「……そんな……馬鹿な……。
 認めないぞっ、貴様ぁ! 俺が本物だっ!」
「それは君の妄想だ。わかったら出て行きたまえ」

 コクピットのドアが開く。
 そこには銃を持った『一流の傭兵』が並んでいた。

「今、ここで死ぬか?
 それともゲームの参加者として生き残るか?
 他の二体の『高槻』は既に野に放たれた。
 自分が連中と違うことを証明したければ、ここで死ぬのも悪くない」
「………っ!!」

 高槻は、
 プライドよりも、
 僅かに残されている生きる可能性を選んだ。

 ミナゴロシにして、生き残る。


「ゲーム参加者の諸君。我々はこのゲームの主催者だ。
 あの高槻という使えない男は処分した。
 今の君たちと同じく『ゲームの参加者の一員』となっている。
 爆弾の設定は解除した。
 今後我々は、君たちは『殺しあいをする』という前提を守る限り、一切の手出しをしないことを約束する。
 脱出の可能性もないことはないが、それを試みた場合は容赦なく戦うのでそのつもりで。
 それでは終盤だ。
 我々を、タノシマセテクレタマエ――」

[←Before Page] [Next Page→]