×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

天を衝く剛拳! 疾風の攻防


[Return Index]

蝉丸は左手を前に、右手を顎に添えた構えをとる。
対して源四郎は完全な左半身。
一見した敏捷性は、蝉丸に分があった。
「……ふっ」
鋭い呼気。スピードに分があると自身も踏んでいた蝉丸は、先制攻撃を仕掛けた。
タンッッッ!
軽やかなステップで、蝉丸が源四郎の間合いに入る。
踏み込んだ右足を軸に、顔をめがけた一撃を繰り出した。
「しっ!」
無声音の掛け声。
だがその一撃は源四郎に当たらない。
寸瞬、源四郎は打ち出された蝉丸の右腕を左手で突き上げ逸らす。
軌道を逸らした突きは、そのまま自分の態勢を崩すことにつながった。
「ぬるいわっ!」
源四郎は正拳突きの要領で右手を突き出し、それを高速で引き戻した。
体軸をずらし引き戻された腕、その”肘”が蝉丸の肩口を捉える。
……それは、変形の肘打ちであった。
「がっ!?」
蝉丸はそのまま前のめりに突き進み倒れ……ない。
喰らった攻撃の勢いと自分の拳速に任せて、自分からその方向へ流れたのだ。
蝉丸はそのまま源四郎から間合いを取った。

「ふむ、正しいな」
源四郎は再び元の通り構えなおす。
「崩れた体をあえて戻さず、以って打撃の効果を半減させる。……及第点だ」
距離約4メートルが開き、蝉丸もまた態勢を取り戻していた。
やはり……と言えばよいか、いや、違う。
明らかにこの老人――とはとても思えないが――の実力は自分の予想を越えていた。
侮ったつもりも、奢っていたわけでもない。
だがあるのだ、こういうことは。
戦法を……変えよう。
「……強いな」
「それ由が取り柄なのでな」
蝉丸の目がぎらりと光る。
それは萎縮した子羊ではなく、獲物を狙う狼の目だった。

「(・∀・)ほえぇ……」
月代はすっかり傍観者と成り果てている。
一瞬の攻防が速過ぎた為、月代にはうまく理解できてはいなかった。
そう……、なにやら蝉丸が走っていって、そのまま源四郎の側をすり抜けていったような。
それくらいにしか思えなかった。
「(・∀・)……ん?」
キュッキュッと何かがこすれる音がする。
小さい、とても小さい音ではあるが、確実に耳に入る音。
これは……蝉丸?

蝉丸は静かにタンブリングしていた。
瞬時に全身のばねを開放し、最高速で動くための前準備である。
またもそれに対しての源四郎の姿勢は完全な硬直。
だがその間合いには不思議と死角と言うものが見出せない。
見出せないならば――。
ヒュウゥゥゥゥゥ……。
蝉丸は一つ、長く息を吸い込んだ。
爪先に、そして全身に力が込められる。
タンッッッ!
――自ら造るまでだ。

再び蝉丸が源四郎に迫る。
足並は忍者のごとく静かに、そして速い。
そこには、攻め手に伺えるはずの隙など微塵も感じられない。
狙いは、突き出すように構えられた源四郎の右腕。
先の先を取ろうとする蝉丸の攻撃は、いつも以上に速い。
ぶんっ!
脇を締め、空気を振るわす高速の一撃を放った。
この攻撃、返しを取ることは容易ではない。
だがその右突きは源四郎を捉えられない。
半歩、音も無く体芯をずらすことで、源四郎は見事その攻撃を避けて見せた。
さらにそこから、逆に必殺の右直突きを決めようとする。
ブウンッッ!
拳速拳圧ならば、明らかに源之助に分が合った。
しかしその一撃もまた外れる。
「ぬぅぅっ!?」
蝉丸は右溜めに体を沈め、源四郎の一撃をやり過ごした。
――できたぞ、途が。
全身の関節の溜めを一気に開放し、伸び上がるような左アッパーが放たれる。
びしぃぃっ!!
凄まじいスピードを伴った一撃が、とうとう源四郎の顎を捉えた。

「(・∀・)やった!」
月代の傑出した感覚は、徐々に二人の戦いを捉えていく。
蝉丸の一撃が当たったと言うことを単純に喜ぶ月代。
だが、闘いはまだ始まったばかりに過ぎないのだ。

[←Before Page] [Next Page→]