×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

そらのきおく


[Return Index]

 女の子が、涙を流している。長いかざりばねがとてもきれいな子。
あれはヒトの女の子だ。さっき、動かなくなったのも女の子。
 ぼくとからだの色が一緒で、ぼくと一緒だったのがヒトの男。

 男と女の子が寄り添って泣いているのを見ながら、ぼくはいろいろ考えていた。
 ぼくはカラスだ。カラスは、鳥だ。そして女の子は、鳥じゃない。
 ヒトの女の子。たしか、お母さんがそう教えてくれた気がする。
 お母さん。あたたかくて、いいにおいがするもの。いつも傍にいてくれるもの。
 でも、今はいない。どうしていないんだろう。
 ぼくは、なぜひとりでこんなところにいるのだろう。

 頭が……痛む。痛いのはいやなので、ぼくはそれ以上は考えないようにした。

 とことこ。

 ぼくは男と女の子の側に歩いてみる。二人ともぼくには気づかないみたいだ。
 ぼくは気づいてもらおうと、ばっさばっさと羽を広げてみたがやっぱり気づいてくれなかった。
 あきらめて、この二人を眺めることにする。

 女の子が、涙を流している。その涙をぼくはどこかで見た気がした。
 みすず。
 そう、ぼくはこの女の子のことを知っていた気がする。

 また、頭が痛み出した。でも、今度はそれでも考えることにした。
 それはきっと大切なことだと思ったから。

 ぼくは、どうして彼女を見ると懐かしい気持ちになるのだろう、と。
 そして。
 ぼくは、どうして彼女を見るとこんなにも悲しい気持ちになるのだろう、と。

 ふいに。ひとつの風景がぼくの頭をよぎる。
 女の子がいる。男もいる。他のなにかもいる。――そして、赤い色が見えた。

 それはとても悲しい風景。なぜかぼくは、そんな気がした。

[←Before Page] [Next Page→]