×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Good-bye dears/Good-bye tears


[Return Index]



探し物はなんですか?
見つけにくいものですか?


 部屋を出て数時間。
 探し物は、あっさりと見つかった。

「ヒロユキ……あかり……」
 二人抱き合っている、死体。
 その死に顔は……
「幸せそうじゃないか?」
「……そうネ。幸せそうだヨ……」
 彼等は知らない。
 この二人が、どんな絶望を乗り越えて、愛しあうことができたのか。
 それでも、最後は幸せだった。
 それだけは、はっきりとわかった。
「せめて埋めてあげようかと思ったけど、なんか、動かしたら悪い気がするヨ」
「そうだな。なんというか、二人の世界を作り上げてるって感じだな。
 と、あれはこの二人の荷物か……
 拾ってくるけど、もう少しここにいるか?」
「……そうするヨ」
 それだけ訊き、北川は二人の荷物を回収しに行った。

「中身は……CDが二枚もあるじゃないか。
 1/4と……何も書かれていない?
 使わせてもらうぞ」
 浩之とあかりの鞄の中身を自分の鞄にうつす。
「重……そっちはもういいか?」

「うん、いいヨ!」
「じゃあ、行こうか?」
 北川が先に歩き出した。
 レミィも続こうとし、一度振り返る。
「バイバイ……大切な、トモダチ……」
 青い瞳に涙を浮かべて。
 振り切るように、駆け出した。

【浩之、あかりの荷物は北川が全回収】
【琴音は放置】

[←Before Page] [Next Page→]