×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

天を衝く剛拳


[Return Index]

日が目を射す。
闘いの華やぎが、全てここに凝縮されている。
燦然とある輝きは、まさに俺たちの今この瞬間の輝きに等しい。

「フンッッ!」
老人の正拳を外手刀で受け流す。
だが次の瞬間、老人は反対の腕で掌底突きを放つ。
体勢は悪くない。
俺は重心をより低く落とし、そこから老人の腹目掛けて乱打を見舞う。

一発……二発……三発。
バシバシバシイィィッッ!

だが、攻撃されっぱなしの老人でもなかった。

バスンッッ!!
しゃがみこんで小さくなっていた俺の体を、老人の蹴りが一気に吹き飛ばす。

今度は老人にも追撃に余念がない。
そこから俺に向けてすかさず後ろ蹴りを出す。
俺にも痛がっている余裕は無い。
一時的な無呼吸運動。
すぐにヘッドスプリングで後方に跳びずさり、
そこから大振りの回し蹴りを老人のがら空きの背中に放つ。

当たった、だがまた”点”をずらされた。
見た目どおりのダメージは期待できないだろう。

そこから再び接近する。
老人の体躯はなるほど巨体だが、その分懐も大きい。
要するに、常人よりはいりやすいのだ、そこに。
もっとも、老人とてただの人間ではない。
広いぶん……と言う訳でもないだろうが、彼の間合い自体も広い。
俺の攻撃に即座に反応する……どころか、
後の先を取る事が出来る範囲がとにかく広い。
だから、それを無効化するためにはひたすら接近するより他に無かった。

そして俺は、そうし続けた。
だが打っても打っても老人は答えない。
いろいろな意味で化け物と言って差し支えが無いと思う。
本当の有効打に成り得そうだったものは、全て防ぐか避けられた。
この次元の闘い、一発の有効打が致命傷になる。
手数を並べる、それもまた戦法だった。

間合いに入ると同時に、左フックを仕掛ける。
「ふっ」
鋭い呼気が、老人の口から漏れる。
奴は俺の”それ”に左の肘で合わせてきた。
老人の”振り”の方が速い。
俺はまた”点”をずらされる。
老人はそこから即座に横蹴りへとつなぐ。
それは俺の顎にヒットし、勢いが付いて吹っ飛ばされた。
だが俺もただでは行かない。
その瞬間に老人の脛を踵で打った。

「ぐっ!?」
予想通り、痛みだけは十分だったようだ……。
一瞬の空中で俺は思った。

攻撃に集中していたせいで受身を取る余裕も無く、
あえなく俺は土の地面に擦り付けられた。
凄まじい摩擦が生じる。
土が焼け、皮膚もまた焼ける。
……どこか懐かしい、戦場の匂い。

俺は立ち上がる。
そしてもう何度目か――回数など忘れた――になるが、再び構えを取り直す。
俺の、本気の証明。
……前羽の構え。
老人は、武蔵坊弁慶よろしく仁王立ちをしている。
気が、高まっていく。
渾身の一撃が、次の時に放たれる。
そんなことが予感として分かった。
研ぎ澄まされていく感覚、強化兵の業として、日中ではその力を十二分に発揮できない。
それなのに、自分と言うものがさらに高まっていく。
精神、そして肉体も。
武人の血が、仙命樹のそれをも凌駕したと言うのか?
俺は一人笑う。
誰にも分からないほどに、微かに笑う。

「……」

沈黙、そして――。

「でりゃあああぁぁぁぁ!!」

老人が飛んだ!
必殺の飛び蹴り、最初の時にはなったそれとは勢いも気迫も威力も段違いだ。
避ける?
そんなことは考えない。
そうやって前は負けた。
ならば、全力の一撃には全力の一撃を以って応えるのみ!

蝉丸は完全な左半身になり、全ての関節に溜めを作った。
――奇しくも、先の源四郎と同じように。

空を疾る、源四郎の裂脚。
交錯する二者の影。
天を衝く、蝉丸の鉄拳。


最後の瞬間、そこに立っていた影は唯一つだけだった。

[←Before Page] [Next Page→]