×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

忘れていた事実


[Return Index]

まず光。
そして爆発音。
爆風。
遅れて降り注ぐ土砂。

予測していたとは言え、その規模の大きさに驚きながらわたし達は走った。
迂回しながら高槻のいた岩を目指す。
爆風と土砂に妨げられたのだろう、大きく遅れて応射する音が聞こえる。
煙る視界の中に、岩を背にした高槻が微かに見える。

晴香さんが先行する。
能力が制限されていても、なお常人では追いつけない速度を発揮し高槻に迫る。
普通の人間では、あの状態から銃を持った相手に勝つことはできない。
だが晴香さんは違う。
それを忘れていた高槻の負けだ。

岩の裏側に回りこみ、距離を一気に詰め抜刀する。
そしてくるりと岩を半周したとき、高槻は斬られているだろう。
わたしは九割九分の確信を持って結果を待つ。

そのとき、声がした。

「うっ!」
聞きなれた声。
誰よりも聞きなれた、わたしの、声。
わたしの、声?
あれ?どうして?
理由は、左脚に突き立った短い矢。
脚に?矢?
なんで?どこから?
射線の向こうに立っていたのは…高槻だった。

今、まさに斬りかかろうとしたその時。
あたしは由依の声を聞いた。
何故か脚に矢が突き立っているのを見て、思い出した。

忘れていた、有り得ぬ事実を。
-----高槻が、二人いる事を。

それを知ると同時にスタンガンで気絶させられ、あたしは忘れてしまっていた。
正しく言えば、混乱の中で記憶に留めておけなかったのだけれど。
見ればクロスボウを構えた、もう一人の高槻が狙いをつけている。
斬り上げようとした姿のまま、あたしは動けなかった。

由依が崩れる。
まるで左足が無くなったかのように、前のめりにカクンと倒れてしまう。
「あ、あれ?れ?」
軽く痙攣しながら、ままならぬ身体を悶えさせる。
地面に顔を擦り付けたまま、ひゅーひゅーと狭窄した呼吸音を響かせる。

「ハハハハハ!そこまでだなあ!」
目の前の高槻が距離をとりながら笑う。
「矢には毒が塗ってある。もはや動けん!
 どこでももう一発ぶち込めば、窒息死は免れんぞ!」
遠くから、もう一人の高槻が叫ぶ。

-----あたし達は、敗北した。

「さてここからが、本題だ」
油断なく拳銃を構え高槻が言う。
悔しい。悔しいが、今となっては聞くことしかできなかった。

「名倉由依を助けたければ…」
僅かに明るさを増した空を指差し、もうすぐ朝がくることを示す。
「…次の放送までに、一人殺せ」
「くっ!…まだそんな事を!」

「気に喰わんか?なんなら、今ここで殺しても構わんぞ?ハハハッ!」
「死体を弄ぶのも悪くないからな、ハハハッ!」
二人の高槻が次々に笑う。
そのゲスな笑い。どちらも間違いなく高槻だった。
あたしは不快さに表情を曇らせる。

そのとき。
誰もが発言を予想していなかった由依が顔を上げ、押し出すように話し始めた。
「…晴香、さん」

なかば麻痺したまま、ゆっくりと言葉を並べる。
泣いていた。
「晴香さん、逃げて、下さい」
それを受けて高槻達が嘲る。
「ハハハ!いくらこいつが速くとも二人同時にかわせるものか!」
「お笑い種だな!こいつが逃げれば、お前も死ぬんだぞ!」
そうだ、逃げることなどできるわけがない。
それでも由依は構わず続ける。

「あたし、晴香さん達に、出会えて…」

ちらり、と何かが光ったように見えた。
気のせいかな、とぼんやり思った。

「本当に、良かったと…」

一瞬、何だろうと考えた時には手遅れだった。
考えるまでもなかったはずだった。

「思って、います…」

地面から溢れるように、光が漏れる。
そうだ。
あの光がもたらす結果は、これしかなかったはずだ。

最後に見えたのは、跳ね上がる由依のシルエットだったと思う。
全てのダイナマイトが誘爆した混乱の中、あたしは全速力で駆け出した。

土砂と銃弾と手榴弾の雨の中、どうにか森の中まで逃げこめたのは、
奇跡だったのかもしれない。
木々を抜け、建物を見つけて裏口から侵入する。
空間が広いほど、飛び道具が有利になるから遮蔽物は多い方が良い。
そう思って入り込んだそこは、教会だった。

椅子に腰掛け、土まみれの髪を整えなおす。
一息ついて、お馴染みの彫像に尋ねてみた。
「…友達が死んで、涙も出ないのは許されると思うかしら?」

答は返ってこない。
期待もしていなかった。
ただ、高槻が憎い。

脱出より、生存より。
あかりと、由依の仇をとることを。
高槻を殺すことを、あたしは誓っていた。


…そしてその時こそ、二人のために泣こうと思った。

【066名倉由依 死亡】

[←Before Page] [Next Page→]