×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おもひで/陽のさす場所


[Return Index]

夜明けが近いのか、東の空が徐々に赤く染まって行く。
そんな中で、一人の女は、穏やかな想い出を反芻していた。

最初は、正直鬱陶しい存在だった。
自分にとって絶対であるFARGOに、入信しておきながら不快感を見せる少女。
それは、自分を否定されるのと同じで。
同じAランクでありながら、自分にとって彼女は忌み嫌う存在であった。
そんな彼女から、ある日受け取ったもの。
四角い、小さな携帯ゲーム。
それは自分が遥か昔に置いてきてしまった、日常の欠片だったのかもしれない。
だからこそそれも、自分にとって不快感を感じさせる代物だった。
だけど。
どんなものであれ、人から贈り物をされる、と言う事が凄く久し振りで、
どうしても捨てる事が出来ずに、部屋の隅に置いておいた。
次の日、携帯ゲームの感想を聞いてくる彼女に、とってある、と言うのも癪で、捨てた、と言った。
彼女の残念そうな表情が頭から離れなかった。
その日、彼女があんな顔するから、と言い訳して、携帯ゲームを手にとって、やってみた。
単純なブロックゲームだったけれど、面白かった。
ボタンが磨り減って、電池が消えかかるまでやってから、何食わぬ顔で、彼女に返した。
彼女は少し驚いたような顔をしてから、嬉しそうに笑った。

彼女は、私の知らない事を沢山知っていた。
食事時の僅かな時間を使って、彼女は私の知らない事を教えてくれた。
ゲームセンター、という所に行こう、と約束もした。
ただ訓練を繰り返す単調な毎日の中で、彼女と話す時間は、楽しく、心安らいだ。
……だが、その日々は突如終焉を迎える。
このゲームの開催だ。

「郁未さんの話…もっと聞いて見たいですね」
この胸の中に残る確かな思い出を反芻し、
誰に言うでもなく、鹿沼葉子(022番)は呟き、微かに笑った。

今はまだ、死ぬ時では無いのだ。
私も、郁未さんも、他の参加者たちも。
死ぬには、それぞれの人間にとってもっと相応しい場所が有る筈だ。
だが、FARGOの主には、その慈悲が無かった。
失望した、いや、もしかしたらずっと前から気付いていたのかもしれない、このFARGOという組織の実態に。
でも、自分にはこの場所しか無かったから。
この世に一人残った肉親、母を殺したその日から、私は一人だった。
この場所を離れてしまったら、自分は路を無くしてしまうから。
だから、気付かない振りをしていた。長い間。
だけど……今は違う。
彼女によって、私は「外の世界」に興味が沸いた。
FARGOという閉じた世界から抜け出して、
自分の体で、外の、広い広い世界を感じたい。
彼女と、いっしょに。

だから、私は死ぬわけにはいきません。
郁未さんを、死なせるわけにもいきません。
そして、それを達成するための一番の障害は――

高槻。

…やはり、彼は危険です。
追い詰められた獣は怖いとも言いますし、悪知恵だけは働く男ですから。
…それに、一人なら何とかなるかもしれませんが、
クローンが何人居るかも分かりません。
泳がせておくと、いずれ厄介な事になるかもしれませんね…
早急に対処する必要があるようです。

だが……
今の自分には、武器が無かった。
あるのは胸に潜ませている紙…少年から受け取った反射兵器1枚。
文字通り弾丸を反射できるとはいえ、これは基本的に防御兵器でしかないし、
だいいち1枚じゃ1回ポッキリの使い捨てだろう。
不可視の力があるとはいえ、制限のかかったこの状況では、せいぜい常人より多少マシ、といった程度だ。
それを考えると、返す返すも少年に槍を折られたのが悔やまれるが、後の祭だ。
(先ずは、武器、ですか……)

そこまで考えてすっく、と立ちあがる。
「とりあえずは、住宅街の方へと行ってみましょうか…」
そして、歩き出す。
これから作られる、思い出の為に。

彼女の後ろから、朝陽が暖かな光を投げかけていた。

【鹿沼葉子 高槻を討つための武器調達のため、住宅街方面へ】

[←Before Page] [Next Page→]