×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

天使の導き


[Return Index]

 時間にして10分も経っただろうか。
 戦いは最終局面を迎えていた。
 均衡したせめぎあい。
 両者、まともに話すことすらままならない。
 互角だった。



「ひひはへんにひろ〜〜〜!!」
「はんたほほ〜〜〜!!」
 両者とも頬が良く伸びる。
 唐突に始まった二人の乱闘は、頬の引っ張り合いで膠着している。
『ぷはっ』
 お互いの手が離され、勢い余ってしりもちをつく。
「あはは…、あははははは!」
 梓の笑い声。
「ふふふ、ふふ…」
 千鶴の笑い声。
 仰向けに寝転がり、天井を見つめる2つの笑顔。
 ただ…。長女の目から雫。
「かえで…」
(!!)
 梓が跳ね起きる。
「千鶴姉!?」
 楓死亡の放送があったとき、千鶴は暴走しかけた。
 その暴走は怒りによるものだった。
 梓とあゆでなんとか押さえて。
(怒りを押さえただけだった?)
 千鶴の心は弱い。
 長女としての責任が彼女の心を支えるもの。
 だが楓は死んでしまった。
 みんなを守るという責任は果たせなかった。
「あのとき…。なんで一緒にいかなかったの…」
 梓に『あのとき』が何時なのかわからない。
 ただ、おそらく楓と会った時のことだろうと察しはついた。
 千鶴が心に抱いているものが『後悔』だということも。

ガン!

 千鶴の顔の横。床を梓が殴る。
「千鶴姉!!」
 初めてかもしれない。こんな弱々しい姉の態度。
「わたしはいつだってそう…。肝心のところで判断を間違えるの…」
 梓には意味がわからない。
「耕一さんの時はとり返しがついたけど…。今回はとり返しなんてつかないのよ…」
(耕一?)
 わからない。

ガン!

 梓の剛拳が再び床を叩く。
「なんだかよくわかんないけど! 千鶴姉!!
 後悔なんてしてたって何も始まらないんだよ!
 これから初音だって探さなくっちゃいけない!
 もう楓のことは…、かえでのことは…」
 考えないなんてできない。可愛い妹が死んだというのに。
(くそ! くそ!! くそ!!!)
 自分だって泣きたい。泣いても何も進まないのはわかっている。それでも。
ただ今の状況で自分まで泣くわけにはいかないと分かっていた。
 死神が舞うこの島で、泣き喚いている時間などないのだ。
 今こうしている間にも、もう一人の妹。初音も危機と遭遇しているかもしれない。

「うぐぅ…」
「あゆちゃん?」
 梓が振り向くとそこには泣きそうな顔のあゆ。
「あ、あゆちゃん。ごめんなさいね。一人にしてて」
 千鶴が涙をふき取り、笑顔で言う。
 立ちあがった千鶴にあゆが小走りで近寄る。

ぼむっ

 そのまま千鶴に抱きついた。
「うぐぅ…。鼻ぶつけた…。
 じゃなくって、あのね。ボク思うんだ…」

 梓は思った。
(あゆちゃんがいてくれて。本当に良かった…)

[←Before Page] [Next Page→]