×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「D」Dream


[Return Index]

「ひとりでいたいんだろ? これまでひとりでやってきたんだろ? ナァ? どうなんだ、国崎往人?」
 「……違う。俺には守らなきゃいけない人がいる」
 往人は、黒色の生物に、そう答えた。
 黒色の生物は目を大きくさせて、
 「なにをいってるんだ? 守らなきゃいけない? お前には無理だよ。無理」
 と言った。
 「無理なんかじゃない! 俺は、俺は!」
 「また、殺すのか。 何人も、何人も、その手で殺していくのか。それがお前の守ることなのか」
 「違う!」
 「無理だね。偽善的なコトをいってるんじゃないよ。君は、生き残ればいいんだよ、結局。他のヤツを殺すために守る、という理由をつかって殺そうとしているだけさ」
 「違う!」
 「違わないさ」
 「違う! 違う! 違う! 違う! 違う!」
 「何度いっても同じさ。」
 「違う!」

 気づいたら、国崎往人は、目の前の烏を、握りつぶしていた。

[←Before Page] [Next Page→]