×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

命の炎〜生きるということ〜


[Return Index]

「佳乃ちゃん……!!」
銃声が響く。
それでも私はロープを投げつづけた。
あきらめたくなかったから。
だけど、私の力だと、あの窓までロープは届かなくって。
崖をまた三叉の鉤爪がえぐった。
「佳乃ちゃん…!!」

幾度ロープを放ったんだろう。
焦げ臭い匂い。
それに気づいた瞬間、館を勢いよく炎が走りぬけた。
「そんな…佳乃ちゃん…」
あまりに圧倒的なその炎の威力は、私のその行動を止めるのに充分だった。

私はゆっくりと崖から離れてその燃える館を見つめた。
「生きていこうよって…一緒に脱出しようって…言ったのに…
 往人さんに会いたいって…言ったのに…ばか佳乃っ!!」

どんどん大事な人が消えていく、私だけをこの現実の時の中に置き去りにして。

「私にどうしてほしいわけっ!!」
まだ見えない、雲の上、空の向こうへ叫んだ。
「私は殺したくないっ!死にたくないっ!!
 ただみんなで笑いあいたいっ!
 生きていきたいって思うだけっ!!
 なのにどうして…」
なじった。誰にでもなく。
憎むべき相手なんか、いない。分からない。
だけど…このやるせない私の心はどうすればいいのっ!?

どうしようもないその現実に、私はあまりに無力で。
気がついたら、私は血が滲むほどに拳を強く握り締めていた。

(私…負けない…負けたくない…)
――生きてさえいればきっと会えるはずだよぉ
佳乃ちゃんの言葉を…きよみさんやセンセイを思い出す。
「往人さん…だったっけ…」
もういない、佳乃ちゃんに向けてそう問いかける。
「私が探す……ね」
やっぱり私に出来ることはそれだけだから。
センセイの荷物にロープをしまって。
流した涙も、はりさけそうな思いも、私の心の奥にしまって。
「もう、行くね…バイバイ、佳乃ちゃん」
冷たい女って思われるかもしれないけど、それでもいい。
後ろ髪ひかれそうな中、私は立ち上がる。
心の中のみんなが、笑ってくれるなら…それでいい。

こんなクソシナリオを変えてやるんだから…
絶対生きて帰る…ハッピーエンドに変えてやるんだから。

でも、私の心に本当のハッピーエンドなんてもう…来そうもなかった。

[←Before Page] [Next Page→]