×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

魂の導き手


[Return Index]

――初めて出会った時。
それからどれくらい経ったんだろう?
まさかこんな形で出会うとは思いも寄らなかったけどな。
………。
もし。
もしも、こんな状況じゃなくて。
普通の生活の中で、全くの偶然で、再会出来たなら……
いや、再会出来たとして。
想いは伝わっただろうか?
――多分、無理だろうな。
ああ。
悔しいよな。
でも、もう、どうしようもない話だ――。

笑い出したい衝動に駆られた。
目は瞑ったままだったが、もしかしたら笑みを浮かべたかもしれない。
どっちだっていい。
どうせ、次の瞬間にはミンチだろうしな。

さぁ。
早く撃ってくれよ、茜。
いい加減立ってるのも疲れたからさ。
引き金を引くんだ――。

―――。

不意に、予感めいたモノ。
がしゃっ、という何かが落ちる音。
――ゆっくりと、目を開いた。

――あの人は、目を閉じています。
隣に居た人は、刀を引いてくれました。
――でも、撃ったら、多分私は死ぬんでしょうね。
隣の人に、切り裂かれて。
………。
あの人は。
目の前で、私が引き金を引くのを待っています。
だから、私は、狙いを定めて――。
その人の眉間に銃口を向けて――。

ああ……。
指が、動きません。
どうして。
私は、詩子を撃ちました。
そうすれば、甘えを棄てられると思ったから。
出来なければ――あそこには帰れない。
だから、撃ちました。
だから。
祐一も、撃てると思ったんです。
……お願い。
動いて下さい。
動いて下さい!
動いてッ!

――茜の指は、引き金を引く直前で止まっていた。
内心の葛藤とは裏腹に、その指は震えも、何も無かった。
本能が、無意識の内に――その行為を、完全に、拒否していたとも言えよう。


……ああ。
もう、ダメですね、私……。
ふふ。
自分の不甲斐なさに、笑えてしまいます。
そんなに、この人が大事だったんでしょうか?
……よく分かりませんが、そうなんでしょうね。


そうして。
茜の手の中にあった銃が、落ちた。

哀しき殺人鬼が、今、少女に戻る。

[←Before Page] [Next Page→]