×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

侵蝕開始


[Return Index]

CPUの作動音。聞き慣れた音――消えた。
画面が完全に消えたのを確認すると、北川はノートを鞄に押し込んだ。
バッテリーが切れるのは、何としても避けねばなるまい。
これは、彼の一筋の希望。
何も出来ない、自分の、たった一つの鍵。
――ふざけるのも、ここまでだよな。
ゆらりと、立ち上がる。
「ジュン……?」
レミィの声。怯えたような声だ。
北川の顔に、剣呑な雰囲気は感じられない。
しかし、常にあった、持ち続けていた筈の明るさは、薄い。
その様子に、レミィは多少ながらも"引いている"様子だった。
「そろそろ出よう。ここにずっと居て、もずくパーティー開いてても意味無いだろ」
「ウーン、確かにもずくばっかり食べるのも飽きたネ」
「そうじゃない」
笑いには乗らない。
「俺達には、探さねばならぬ物がある」
「探さなきゃならないモン?」
「うむ、これだ。見たまえ」
そう言って取り出したのは、二枚のCD。
「1/4、2/4……とかって書いてあるだろ?」
「ウン」
「俺の華麗なる推理によれば、だ。こいつは4枚あるんだ。英語の意味からすれば、何かの解除コードとかでも入ってるんだろ」
ウンウン、とレミィが頷く。それを横目に見つつ、
「結局、二枚だけじゃ解析は無理だった――俺の得意分野じゃないしな。だから、今から探しに行こうかと思――」
「ナルホド、強奪ネ!」
「はっ?」
レミィの台詞に、北川が頓狂な顔を見せた。

「……だって、その二枚の内の一つもヒロユキが持ってたんでショ?」
ヒロユキ――の辺りで、レミィの表情が一瞬翳る。
だが、それも一瞬。
「だよなぁ――とすりゃ、強奪するしか無いのか?」
――強奪。
だが、北川の必要とするのはCDだけだ。
荷物ごと奪う必要は無い。
だが――

――CDだけ、そう簡単に手に入るわけがない。

……恐らくは、相手は怪しむ。いきなりCDをくれと言ったところで、そう簡単に手に入るものか。
それだけではない。もし、持っていた相手が「ゲームに乗っていた」としたら?
……言うまでもない。相手は、自分達を殺しに襲いかかってくる。
殺す。
殺す。
――戦うってのか?この俺が?はは、まさかの冗談だろ……?
「ジュン……?」
「ん?」
気付けば、レミィの顔がすぐ下にあった。心配げな表情。
元々、北川とレミィの背は同程度だ。丁度、下から覗き込むような体制となっていた。
「顔、青いヨ……?大丈夫?」
「―――」
――ああ、そうさ。
大丈夫。
何とかなる。
なにも、みんなゲームに乗ってるわけじゃないだろ?
大丈夫、大丈夫、ダイジョーブ。心配いらない!
「うむ、もずくパワー全開だぜ!」
そう言って、北川は親指を立て、爽やかな笑顔を魅せた。
精一杯の、演技。
何とかして、自分を奮い立たせた。
そうでもしなければ、へたり込んでしまいそうだったから。
――恐い。
恐いんだ。

じわじわと――北川の精神を、恐怖が蝕みつつある。

[←Before Page] [Next Page→]