×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

天使の微笑み


[Return Index]

 ずっと張りつめていた緊張の糸が途切れ、今までの体と心の疲れが出たのだろう。
 茜はそのまま、意識を失った。
「……う……い、ち……?」
 詩子が呼び掛ける。
「詩子、どうした?」
 自分でも不思議なくらい穏やかな声が出る。
 この少女はもう虫の息なのに、もうすぐ死んでしまうのに。
 だから、最期には、泣き声なんかじゃなく、穏やかな声で。
 そう思った。涙は、後に取っておけばいい。
「……あ……か……ね。
 だい、じょう……ぶ?」
「おかげさまでな」
 手をとる。既に冷たくなりつつあった。
「あかねを……」
「茜を、どうした?」
「……てを……にぎら、せ……て……?」
「あぁ、わかった」
 気を失っている茜の手を取り、詩子に握らせる。
 詩子は瞳を閉じて、笑っていた。
 ただ、笑っていた。
 満面の笑顔。それはまるで、天使のようで。
 かえって、これから訪れる悲しみを、より大きくしているようだった。
「……あはは。あり、がとう……。
 あかね……あかね……」
 最期に何かをつぶやく。
 その声は小さく、晴香やなつみには届いていなかった。
 祐一には、聞こえた。
 思う、茜にも届いていて欲しいと。
「詩子……」
 涙が溢れ出る。
 最期まで、最期まで、我慢していられた。
 笑顔でいられた。

「……詩子……」
 眠っている茜が、呟く。
 その頬にも、涙が一筋流れていた。
 どんな夢を見ているのだろう。
 せめて今だけは、幸せな夢を見させてあげて下さい。
 たとえ目覚めが残酷でも、せめて、今だけは。

 祭壇の十字架に、祈る。
 神様の祝福は訪れるのだろうか。
 それは誰にも、わからない。

【柚木詩子 死亡】

[←Before Page] [Next Page→]