×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インターミッション


[Return Index]

 朝焼けは去り、空気だけは穏やかな雰囲気の中、二人は寄り添って砂浜で海を眺めていた。
 彰が去ってからすでにしばらく経ち、遠くの空でサイレンの音とともに定時放送が流れる。
 祐介はそれを聴くともなしに聞いていた。

 死者と生者を分けるその声の中に、もう上がることすらもない人達がいる。
 薄れていく存在は、みな、彼岸へと去ってしまった。
 声にしないともういないことになってしまう、大切な友達が、何人も何人も。
 祐介は膝を抱えた。
(でも…、悪いけど今だけは、君たちのことを考えてはいられない)
 ぎゅっ、と目を閉じる。
(だから、僕にはこのくらいのことしかできない)
 祐介は、名も知らぬ死者達のために、よく知った死者達のために、祈った。
 その行為は、彼の心を少しは楽にしていた。

 長い黙祷を終え、祐介は眼を開く。
 目を閉じる前よりも強くなった光が、祐介の網膜を心地よく刺激した。
「ああ…」
 知らず、ため息が出る。
「どうかしたんですか?」
 隣で、美汐が訊ねる。
「え…、いや」
 答える祐介の声は、どことなく空々しい。
 何か考えているんじゃないですか? という美汐の問いに、祐介はしぶしぶ答える。
「うん、ちょっとした作り話を考えてた」
「それは、どんな話だったんですか?」
 美汐は、祐介の正面に回り、彼の目を見つめた。
 その顔には、安らぎの表情が見て取れた。
「ここが、ここじゃなければなぁ、って」
「……」
「いや、わかってるよ。彰兄ちゃんの言う通り、ここが現実なんだから、ね」
「祐介、さん…」

 でも、ただ『もしも』の話を考えただけで、こんなにも涙が溢れてくるのはなぜだったのだろう。

「もう、いいかげんに泣き止みませんか、祐介さん」
「…泣いてるんじゃなくて、涙が、勝手にさ」
 そう言う祐介の両腕は、とめどない涙でびしょびしょに濡れている。
 もちろん、顔のほうも酷い有様だ。
「ごめ…、ちょっと顔洗ってくる」
「え?」

 祐介がてこてこと向かう先は、海辺。

「ちょ、ちょっと祐介さん、海水なんかで顔洗っちゃ…」

 美汐の懸命の静止にもかかわらず、長瀬祐介(064)は無言の叫び声を上げた。

【長瀬祐介 海水が目に染みて悶絶中】
【天野美汐 そんな祐介を見ながら微笑んでいたり】

[←Before Page] [Next Page→]