×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Kanon


[Return Index]

「なゆ……き?」
声が静かに響いた。止まった時の中で。
誰もが動かなかった、動けなかった。異様な雰囲気に包まれて。

血塗られた赤き女性が、ゆっくりと近づいてくる。

気絶している茜はもちろん、意識のあるものもまた、体の動かし方を忘れてしまったかのように。

「……」
祐一の唇が、かすかに動いた。ただし、それはただ寒さに震えるような弱々しい童子のように。

そして、赤き女性が紡ぐ言葉。

――やっと……会えたね?――

「ずっと……好きだったんだよ…?」
無邪気な微笑み。
「………」
それを呆然と眺める晴香となつみ。
血塗られた女性の出現への萎縮、恐怖、驚愕、そういったものも含まれていたかもしれない。
だが、それ以上に――空白だった。

「七年前のあの時から……ずっと、待ってた。祐一のことを」

晴香の目の前を、気にした風もなく通り過ぎる。晴香の目線だけが左から右へと流れた。

「祐一は、あの街が…私達の街が、そして私達が嫌いになったんだって思って…すごく悲しかった。
 だけど…戻って来てくれて本当に嬉しかったんだ」

ゆっくりと3人の前まで歩み寄って、止まった。
動くことができない茜と、
動けなかった祐一と、
もう動かない詩子と。

「祐一は、また、ここに帰ってきてくれたから……」

上から祐一の顔を覗き込む。あの日、駅前で再開したあの時のように。
祐一がいつか見た光景。
降りしきる雪の中の再開、七年ぶりに訪れたあの時の再開のように。

「……」
ゆっくりと震える唇が動いた。声は出なかった。
晴香の横を通り過ぎて、座り込んでいる祐一の前まで進みよって来る影。
「七年前のあの時から……ずっと、待ってた。祐一のことを」
どこか遠くに聞こえる言葉。


祐一にとって、この島での出来事はすべて夢のように感じられていた。
ひどく、悲しい夢物語。
それでも、茜の、そしてまだ暖かい詩子の手の温もりが伝えていた。
これが、現実だということを。
詩子と、そして…七年ぶりに訪れた街で出会った、大切な人達との物語は――


もう終わってしまったんだということに。


だから、今、起きていることこそが夢物語。
近づいてきた女性が、祐一の視界を遮った。
「祐一は、また、ここに帰ってきてくれたから……」
微笑んだ。あの日の名雪のように。

(まるで、あの時みたいだな……)
どことなく麻痺した頭の中で祐一は思う。再開の冬の日、雪で湿ったベンチで座ってたあの日の事を。
(結局、2時間も待たされたんだよな)

あの日の言葉が思い出される。
――雪、積もってるよ。
今は積もってなんかいない。
そして暖かい缶コーヒーが渡されることもない。

「祐一、ずっと、ずっと好きだったんだよ……」
彼女の口から出る言葉。その想いが、伝わってくる。
いつか聞いたセリフ、それは七年前の冬の日のこと。

     ――…これ…受け取ってもらえるかな…?
     あの日、差し出された雪うさぎ。

     ――春になって、夏が来て…秋が訪れて、またこの街に雪が降りはじめたとき――
     思い出されるそのセピア色の光景。

     ――また、会いに来てくれるかな?――
     あの日の、繰り返し。

     ――わたし……ずっと言えなかったけど……祐一のこと……ずっと……――
     セピア色の思い出がだんだんと現実の色に染まって。


「好きだったよ」
最後の言葉。現実の彼女の言葉と重なる。
現実の彼女は、顔に大粒の涙と血をたたえて。
「………」
祐一が、茜と詩子の手を痛いほど強く握り締める。

ようやく、祐一が声をあげる――ゆっくりと、震えないように。
日常の中にいるかのように声の調子をおとす。
「なあ、俺の名前、まだ覚えてるか?」
今、彼女が自分の名前を言っていたのにもかかわらず、そう切り出した。
「うん、私の名前は?」
「…………ああ……」
血と、涙で彩られている顔にはひどく不釣合いな満面の微笑み。
「……ゆういち」
「花子」
「違うよ〜」
ただ滑稽な会話だけが辺りに響く。
「次郎」
「私、女の子……」
気付かないうちに祐一も涙を流していた。
祐一だけが知るそのセリフの意味に。
もう、こんななんでもないような…そしてそれでも幸せだったやりとりが、もう出来ないんだということに。
「もう、やめませんか……?」
祐一の声が震えた。
「わたしの名前……」
「もう、帰っては来ないんですよ……」
悲痛な声。ギュッと閉じた目から、大粒の涙がもう一度だけこぼれる。
「名前……」
食いしばった奥歯から血の味がする。
「もう、やめましょうよっ……」
絶叫、声が不自然に裏返った。
「なまえ……」
どうしたの?というように彼女が祐一に顔を近づけた。
「もうやめよう――」
祐一の口から、彼女の名前が漏れた。

祐一と結婚したい。私の想い、お母さんの願い。
ずっと好きだったこの人に、自分の気持ちを伝えるんだ。
その事を考えるだけですごく嬉しくて、だけど、どこかですごく悲しくて。
心が壊れてしまいそうで。

だけど、祐一ならきっと私の心を守ってくれる、私を受け止めてくれる。
弱い、私を。
きっと好きだって、言ってくれる。祐一は応えてくれる。
私が、こんなに愛した貴方だから、私が信じている人だから。


だけど、愛した人の口から漏れた言葉は――
本当に愛していた人の口から漏れたその名前は――




崩れた。



[←Before Page] [Next Page→]