×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

男は蘇る


[Return Index]

ザッザッザッザッ……
――草を踏む音。遠くから、しかし徐々に近付いて聞こえてくる、それ。
規則的に、身体の揺れる感覚。
膝の裏と、背中の辺りに、何かが当たっているという感覚。
祐一の、腕。
――抱き抱えられてる?
それは、まさしくその通りであった。
祐一は。
その腕に茜の身体を抱え、命を賭け、駆けた。
そしてそれは――奇跡的に、成功した。
教会を脱出し、今は森を駆ける。森に入った時点で、もはや駆ける必要は無かった。
だが。
祐一は、少しでも遠ざけたかった。
茜を、あの教会から――あの戦場から、遠ざけたかった。
彼女は。
もはや、ただの少女。
冷たくも、それでもどこか優しかった――あの、里村茜なのだから。
「祐一……」
すぐ、目の前にあった顔に向かって呟く。その、小さな声に、祐一の足が止まった。
「……茜。起きたのか?」
「起きてなきゃ話せません」
相変わらず。
冷えた視線は、祐一を見ている。
「……まぁ、そりゃそうだな」
それでも、祐一は感じた。
それが、かつて、百貨店の売り場で会った時の目とは違う事を。
そして、教会で再び出会った時と――違うことを。
ゆっくりと――茜の身体を下ろす。
立てるか。祐一はそう訊いたが、何事もなかったかのように、茜は立ち上がった。自らの足で。
そして、沈黙。
お互いに、相手の顔を見ていた。
しかし、二人の口が言葉を紡ぐ事は無い。
風が流れる――僅かな血臭を感じた、ような気がした。

随分と間を持って、茜が口を開いた。
「――詩子は」
ぽつりと。
「――詩子は、どうしたんですか?」
「………」
放たれた言葉は、冷たく。
そしてそれが思い起こさせる、結末は、重く。
出来れば口にしたくない、聞かせたくない。だが、祐一は口を開いた。
迷うこと無く。
もう、逃げない。そう決めた。
「――詩子は、死んだよ」
――そうですか、と茜。分かっていたかのように。
「笑ってた。最期まで――。あいつは、お前を憎んでなかった。これだけは本当だ」
茜はそれを聞いていた。
無反応。だが、その言葉は、確かに耳を打って――。
「最期に――。最期に。お前に……お前が大好きだったって、言って……」
「………」
祐一の言葉は、そこまでだった。

お互いに、無言。
空白。
静寂。
時が止まったかのような中、祐一も、茜も、その目から、涙を零すことは無い。
祐一は、耐えていた。
強くあらねば、と思っていたから。
今は、今だけは、泣いていていい場合ではない、と。
――そして、茜は。
「……泣きません」
空白に放たれた呟き。
じわり、と広がったそれが、確実に、時を進める。
「今は、泣きません――貴方が、耐えているなら」
「――そう、か」
強い、と。祐一は、素直に思った。
だが、当たり前だ、とも思う。
始まって間もなく、独りで生き残るが為に、全てを捨てた少女だ。
弱い筈がなかった。
鳥の声。
風の音。
足を止め、向かい合う二人を包むが如く、森は唄っていた。

―――。

祐一が、それを聞いた。
声。
絶叫。
きっとそうだ。
そしてそれで思い出す。
――自分が、逃げてきたことに。
そう。
戻らなくてはならない。
男として。
「茜――」
「はい」
「隠れててくれ。俺は、教会に、戻らなくちゃならない」
水鉄砲を、固く、握る。タンクの中の、濃硫酸が、たぷんと揺れた。
「あいつらが、助けてくれたんだ。だから、俺達は此処にいる。
 俺は――このまま、逃げていたら、本当に駄目になっちまうと思う。
 ……だから」
息を吸い込む。
吐き出す。
吐き出された息が、震えているのを、祐一は自分で感じていた――それを無理矢理抑え付けた。
「あいつらを助ける。
 ――多分、それが、今俺がしなくちゃいけない事だと思うから」
固い決意。
茜は、それに何か言うわけでなく――腰に下げた、短刀を抜き、祐一に手渡した。
祐一を見る、その目は。
今度ばかりは冷たくなかった。
それを見て、祐一はまた新たに決意する。
――必ず、帰ると。

背を向け、駆けた。
振り向きはしなかった。


走る。
走る。
木を抜け、草を蹴り。
右手には水鉄砲。
そして短刀。
だが、祐一は今、己の武器以上のものを手に入れていた。


【元ヘタレ男、教会へ向け奔走中】

[←Before Page] [Next Page→]