×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

空の青


[Return Index]

――いやぁ、いや、いやぁぁぁぁあああ――

魂が震え、搾り出される声に導かれて、意識が現実へと引き戻される。
「わた…し…?」
まだ鈍く痛む後頭部をさすりながら、ゆっくりと繭は起き上がる。
自分の、置かれた立場が理解できずにゆっくりとあたりを見渡した。
「そっか…私は……」

なつみの一撃を後頭部に受け、昏倒していた。
それはどの位の時間だったのだろう。

(でも…それほど時間は経ってないっ…!)
痛みを振り払うように、頭を左右に激しく振った。
倒れたときの空の明るさは、今とほとんど変わらない。
今、繭達が置かれている状況には、まぶしすぎるくらいの空の青。

自分が何をしていたのか、何をしたかったのか。
気を失う前の出来事がゆっくりと思い出される。
まるで白黒のフィルムに色がついていくかのように。
何か大切な者を、大切なことを失ってしまうことの予感と共に。

(祐一、詩子さん、なつみさん…)
駆けた。張り裂けそうな心の痛みに耐え切れずに。
何故、なつみが繭を殴ったか、そんな疑念はその痛みの前に吹き飛んでいた。

――長森さん…
既に失ってしまった大事なお姉さんの名前を、顔を思い浮かべる。
もう、決して失いたくない。

(嫌だよ…そんなのっ!!)
後から後から湧き上がってくる予感が、膨れ上がって繭を覆い尽くす。
だから全速力で走った。息が苦しくなっても、横腹がひどく痛んでも。
心の痛みに比べれば、何でもなかった。
手で、心を覆い尽くす闇を振り払うようにしながら。

駆けた後に残ったのは、振り払った心の闇ではなく、きらきらと光る涙の軌跡だった。


【椎名繭 教会へ】

[←Before Page] [Next Page→]