×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紅い雫


[Return Index]

誰の助けも無い。

このまま、死ぬの? 私?

鉈が振り下ろされる瞬間は、とても長い一瞬に感じられて。


私は、目をつぶった。


「あああああああああああああっっっっ!!!」

教会に響く紅い叫び。
だがそれを発したのは――。

「……え?」
なつみは、違和を感じて目をあけた。
斬られたのは、私じゃ、無い。

よく見れば、目の前にいたはずの秋子がいない。
これは……どういうことなの。

「うっ……うっ……」
呻き声が聞こえる。
これは――。

死角になった客席の影から、一人、立ち上がる。

「あなたっ……」

気絶していたはずの、繭。
いつのまに――。

斬られてるんじゃない。大丈夫なの!?」
「かすり……傷ね」

肩を抑えながら、繭は少し足を引きずってそこから離れる。
傷は……それなりに深い。
だが、命に関わるほどでもない。
「大……丈……夫」

「早く……そこから離れなさい」
いつのまにか起き上がった晴香は、静かに言った。

「――まだ、終わってないんだから」

その言葉に反応したように、
むくりと、彼女は立ち上がった。

ボロボロの風体でなおも立ち上がる秋子。
口からこぼれる笑い声。
そして、それを見た三人は絶句する――。

       ・

「どうして、祐一さんはいないんでしょうね?」

「祐一のことだから、きっと夜更かししてまだ寝てるんだよ」

「あら、そうなのかしら」

「うん、祐一もおねぼうさんだね」

「まあ、名雪はずっと祐一さんに起こしてもらってたって言うのに?」

「うーっ、いつもじゃないよお母さん」

「ふふ。でも、それってとても幸せなことじゃないかしら」

「……うん。わたし、今とっても幸せ」


「幸せだよ――」


両の瞳から滴る雫。
それは、まるで彼女自身を象徴したように、紅い――。

        ・

「あああああああああ!」
晴香は斬りかかった。
もう、中途半端な真似はしない。
刃を、向ける。
そうしなければ止まらない。
その紅い涙は止まらない――。

秋子は鉈を振り回す。
――よく見ると、肘が変な方向に曲がっている。
大きな音を立てて、それが風を斬る。

晴香はそれを避ける。
両手で握った日本刀の重みが、
なぜだかいつもよりはっきりしている。
秋子の目は――もう、こちらを向いていない。

振るう。
その刀を振るう。
すると簡単に秋子の方に刺さった。
握られていた鉈が、落ちる。
いやな感触が、手のひらに広がる――。

バチィィィン!

秋子は、反対の腕で晴香のことを殴った。
その勢いで、晴香は客席に叩きつけられた。
考えられない強さだった。
そしてその帰り手で、
肩に刺さった日本刀を引き抜いて捨てた。

刀はカランと音を立てた。
少しまごついた。
なぜなら、
秋子の細くて綺麗だった指は、
もうどれもひしゃげて、使い物になっていなかったから。

秋子は、そのまま晴香の方に迫る。
ずりずりと足を引きずりながら、少しずつ迫る。
晴香は、動くことが出来なかった。
恐かった。
乱暴な口調でごまかしていたことが、
どうにもならないところまで来ていた。

血に染まった赤い瞳は、あまりにもさびしそう過ぎて。
晴香には、
そこから逃げることも、
目を背けることも出来なかった。

「……ああ、あああああ……」
声も、出ない。

虚ろに、もう、嘆きも届かないほどに虚ろに、
秋子は迫った。


ぶすっ。


鈍い音がする。
何の音だろう、これは?

晴香は、目の前に迫りつつあった秋子の、
――その腹の辺りから、何か突き出ているのを見た。

捨てたはずの日本刀だった。

それを拾い上げた繭が、
秋子を刺した――。

荒い息が聞こえる。
それは繭のものだ。
だが、刺された秋子からは、何の声も発せられない。

ただ、そのまま止まっていた。


ばぁん!


再度、扉を叩く音が響く。
息を切らし、そこに一人の少年が立っていた。

      ・

「……最後まで………………遅刻だよ…………」

      ・

天井のステンドグラスから、七色の光が差し込む。

教会の真ん中で、
艶やかな笑みを浮かべて、
その少女は言った――。

     ・

「祐一」

     ・

[←Before Page] [Next Page→]