×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

一歩


[Return Index]

いつか……どこかでは踏ん張らなきゃいけなかったんだ。

俺は、ゲームに振り回されて、そう思ってずっと流されていた。
結局、逃げていたんだ。
あの女の言うとおりだった。
どうしようもなく、甘ちゃんだった。

誰かが殺し合いをやってるだとか、
武器を持たされたとか、
そんなことは些末だった。

皆同じなんだ。

たくさん人が死んで、
たくさん、もしかしたら殺して、

でも、それでもその人たちはきっと、
”自分”に誇りを持って、
一つ、成し遂げようとしていたに違いない。

俺の出会った人は皆そうだった。

結局俺は、誰一人守れてない。
誰一人救えてない。

ずっと後ろ向き。


でも、
もう、
甘えは、許されない。


目を背けては、いけない。


さあ、いくぞ。祐一。

お前は、これからやらなきゃいけないことがある。

一歩を……踏み出すんだ!

[←Before Page] [Next Page→]