×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

蒼は神の下に散る


[Return Index]

――あああああああああああああっっっっ!!!――
悲鳴。
続く悲鳴。
森の中に響き、消えて行く。
それが、祐一にはまるで少女達の命が消えて行くかのように聞こえて、ぞっとした。
「頼む――頼む、頼む、頼む!無事でいてくれっ――!」
祈るように、叫んだ。
それは誰に。
――即ち、神に。
だが、それは、教会まで届いたのだろうか。
絶望感。
もう既に全ては遅かったのではないかという思い。
だが。
諦めるのは、まだ早い。
そう思って、彼は駆けた。


しばらくして、森が切れた。
つい、先程通り過ぎた壁。教会の壁。
見つけた。
脇を駆け抜ける。もはや、荒れる息すらも気に止めず、彼は走った。
そして。
その扉を開ける。

――ばぁん!!

勢い良く、扉は開いた。
その瞬間目に飛び込んだのは――。
血に塗れた、蒼。
長椅子の間で、手を後ろに付け、怯えた子供のように後ずさる晴香。
血に塗れた手を、我が物でないかのように呆然と見る繭。
そして――呆然とへたり込んだ、なつみ。
それは、誰よりも早く反応した。
まるで、祐一が来るのが分かっていたかのように。
その指を有らぬ方向へとねじ曲げ。
その腕を折り曲げられ。
そして、その身を刀で貫かれ。
それでも、彼女は立っていた。
「――最後まで―――――遅刻だよ――――」
薄暗い教会の中。
七色の光が、ステンドグラスから差し込まれる。
それはまるで、神が舞い降りたように、綺麗で。
「――祐一」
重い、重い足取り。
生きる死霊の如く、重い足取り。
虚ろな瞳。
それは、この世のどの闇よりも、深く。
哀しかった。
「――行こう――よ――――祐一」
ぽつり、ぽつりと。
こぼれ落ちるように、呟く秋子。
――いや、それはもはや"秋子"ではなかった。
認める他、無い。
それはまさしく――水瀬名雪。
「――学校に――遅れ―――ちゃう、よ?」
一歩、一歩。
その足は、血に塗れて。
もはや歩けぬ筈なのに。
その足は、確実に祐一へと。
既に亡き娘の心を、愛しき人へと。

「―――ねぇ――祐一―――」
祐一は。
一瞬だけ、目を閉じた。
目の前の現実を、受け入れる為に。
己の為すべき事を、為し遂げるが為に。
目を開く。水鉄砲を小脇に置いた。
一歩。近付いて行く。
全ては、静止していた。
呆けたように。傍観者達は、見ていた。
その悲劇の、終幕を。


どん


小さく、重い音。
ずしりとした重さ。
確かな重さ。
人の命の重さ。
「―――え?」
祐一は。
祐一の右手には。
短刀。
それは、今、彼女の胸に。
「――いい加減、目を覚ませよ」
どしゃっ。
血を弾き、彼女は床に倒れる。
その側に近寄って。
言った。
「――なぁ、名雪?」


――祐一。

――そうだね、もう、学校に行かなくちゃいけないよね。

――うん、行くよ。

――目覚まし止めて。

――朝ご飯食べて。

――学校に、行くよ……。



「……祐一さん」
ぽつりと。
か細い声。
「……はい」
祐一は、目の前の人の顔を見た。
それは、先程よりもずっと落ち着いた顔で。
酷く哀しげな顔で。
確かな、いつか見た母親の顔で。
「――名雪を、よろしくお願いしますね?」
その目が、光を失って行く。
消えて行く、命の灯火。
それは、紛れもなく――水瀬秋子のもの。
「――待って―――ますよ―――」

そして、光は消えた。

鳥の声。
風の音。
その中で。
その中に建つ建物の中で。
祐一は。
既にこの世の人でない人に――言葉を返した。
上を見上げて。
ステンドグラスの向こう側に。
届くように、と。
「――悪いけど、俺は――俺には――もう、大切な人が、いますから」
光は淡く差し込んで。
祐一を包んだ。
神が見ているかのように。
「――さよなら、秋子さん――」


【090 水瀬秋子 死亡】

[←Before Page] [Next Page→]