×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今、一度の門出


[Return Index]

「悪い……」
祐一は上を向きながら言った。
ずいぶんと不自然な姿勢だった。
でも、誰もそれを咎めようとはしなかった。

「遅くなった」
「何で、……戻ってきたのよ」

晴香は座り込んだままで聞いた。

「……あの子を放って置いていいの?
 けっきょくヘタレね……あんたって」

毒舌は変わらない。
……なのに、その言い回しからは不思議と刺は感じられず。

「……ああ、そうだな」

祐一は上を向くのを止めて、
――その拍子に水滴が僅かに跳んで――、
倒れた秋子を一瞥する。

「結局、俺はヘタレさ――」

選ぶことが出来なかった選択肢、
見送ってしまった選択肢、
もう、正しいかどうかも分からない、過去の選択肢。

戻れるものなら戻りたい。
運命を変えられたかも知れない、その瞬間に。

だが、そんなことが出来るはずが無い。
俺は受けたんだ、報いを。

そして、これからも――。

すっと立ち上がる晴香。
その様子は、もうずいぶんと落ち着いている。
ゆっくりと歩いて、繭に近づく。
繭は……何かに疲れたように、ぼうっと固まっている。

「気にすることは無いわ。
 ……よく、頑張ったわね」

ポン、と繭の頭の上に手を置いた。
晴香のそのねぎらいの言葉は、
――ひどく重く感じられて。

「そっちの方もまだ生きてるわね。
 悪いけど手当ては出来ない、自分でどうにかして頂戴」

脚を切り裂かれながらも、
なつみもまた、そこで生き長らえていた。

晴香はさらに教会の奥へ向かう。

「そこのヘタレ男、来なさい」
「……なんだ?」
「……放っておくわけにはいかないでしょう?
 つくづくヘタレね、あんた」

「……ああ」

彼女の視線の先には、寝かされた詩子の遺体があった。

「埋葬しないと遺体が傷むわ。
 女の子をそんな風にするわけには行かないでしょ」


そして、詩子と秋子、両方の遺体を運び出して埋めた。
繭は手伝いたそうだったが、
傷に響くといけないので断った。

途中、置いてきぼりにした茜のことが気になったが、
彼女がいまさら何かするとも思えなかったので、
そのまま埋葬に集中した。
そこまで彼女は愚かではないし、
埋葬は茜もきっと望むところだと思ったから。

「――私はそろそろ行くわ」
「……そうか」
「馴れ合いは嫌いなのよ、
 由依が居ない今、群れる必要もなくなったし」
「……」
「あとは復讐を達成するだけ、よ」

晴香は、回収した鞘と刀を、元の通り納めた。

「まだ、殺すのか……?」
「簡単にいわないで頂戴。
 私は何人もの思いを背負ってここに居るのよ。
 そんな単純なことをやってるんじゃないの」
「…………」

祐一は、何も言い返すことが出来なかった。

「――もう、ヘタレは卒業しなさい。
 そうしないと、今度こそ本当に守りたい、と思ったものも、
 守れなくなるわよ」

ポン、と晴香は祐一の頭を叩いた。
――そう、先ほど繭にそうしたように。

「次に会う時までに、もう少しかっこよくなっておくことね」

そう言い残し、晴香は教会を去っていった――。

[←Before Page] [Next Page→]