×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幽霊さん?


[Return Index]

この島は、悲しみに満ちている。
たくさん、たくさん辛い目にあって、たくさん、たくさん人が死んだ。
死体だって、どれほど見たか覚えてられないほどだ。

観月マナは、目の前の死体に手を合わせ祈っていた。
(死だけは、どうにもならないものね)
多くの医療従事者が諦めとともに漏らす感想を抱いて、開け放してある扉に向かう。
何の装備も持たない死体があるということは、誰かが持って行ったか、どこか別の
ところに-----多分、この小屋に-----放置したままと言う事だ。

鞄を開き、機関銃と拳銃に目をやってから考え直す。
苦笑を浮かべて念のために拳銃だけを鞄の外ポケットにねじこんで室内へ上がる。

ソファーが二つくっつけてある。誰か寝てたらしい。
キッチンへ向かう。食器がたくさん…洗ってある。乾燥棚の底は、まだ水滴が残っていた。
数時間前だね、と分析しつつ思わず、苦笑する。
こんなときでも、普段どおりに炊事してしまう人もいるんだな、と考えて。

箸の数を数え、それなりの人数がここを利用してたと推理する。
食料はあまり残っていない。利用者が持って行ったのだろう。
(国崎さんは…ここにいたかしら?)
求める人物の手掛かりを探して階段を上る。


きらり、と何かが光った気がして。

階段を上りきって曲がろうとした瞬間だったろうか、くるりと視界が回転し床が目前に迫っていた。
脚を掃われ、同時に首根っこをつかまれたまま床に叩きつけられていた。

マナはそのまま、背中に圧倒的な殺気を注がれ恐怖を通り越し硬直していた。
(もう、こんな化け物しか残っていないのかしら?)
そう思うのと同時に、あっさりと殺気は消え首の戒めが開放される。



(解んないひとだわ・・・)
目の前で平謝りして、小さくなっている女性。
これが先ほどの化け物じみた殺気を発していた人物と同じだろうか?
「で…あなた、誰?」
気を取り直して、若干態度大きめに聞いてみる。

「柏木…千鶴、です」
しゅんとして黒髪の女性が答える。
「……はあ?」
柏木千鶴は、先ほどの死亡者放送で聞いた名だ。
生存している柏木は耕一と、初音だったと思う。

「初音さんじゃなくて?」
「はい」
「耕一さんじゃなくて?」
「…はい」
「幽霊さんじゃなくて?」
「……はい」

「じゃあ、なんでよ…」
マナの開いた口は、塞がらなかった。


【088観月マナ 020柏木千鶴を説教中】

[←Before Page] [Next Page→]