×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

残された者達


[Return Index]

――遅い。
男性のトイレがどれだけ長いかなど知る由も無い(知りたくもない)が、
それでもこれだけ遅いのはどういうことか。
30分は経っているかもしれない。
しょうがない。そう呟いて、七瀬留美は外へ続くドアを開けた。

―――。

それから10分。
市街地の中を走り回る姿。
探し求める姿。
だが、探せどもその姿は見つからず。
――そう、耕一は何処かへ行ったのだ。
三人を置いて。
「あのバカ……!」
走りながら、ぼやいた。
どうやら、耕一は「バカ」と認識されたらしい。
しかしそれは、同時に、慣れてきたということか。
そう。
浩平もそうだったのだから――。

その後もしばらく探し続けたものの、見つかる事は無かった。
はぁ、と深く溜息を付くと、とりあえず二人の下へ帰る事にした。
ドアを開く。
出迎えたのは――
「お姉ちゃんっ!」
――と、悲痛な声。
初音の声。
その顔を、涙でぐしゃぐしゃにしていた。
「お姉ちゃん、彰お兄ちゃん、見なかった!?」
「彰くん……?今、寝てるところなんじゃ」
「違うの――」
息を吸い込む。時折、しゃくり上げながら。
「居なくなっちゃったの……私が、寝てた間にっ」
「……彰くんも?」
何という事だ。
あの二人は、か弱き乙女を置き去りにして何処かに行ったというのか?
――初音は。
混乱した頭の隅に、辛うじて七瀬の呟いた言葉を引っかけた。
そう。
彰"も"と言ったのだ。
「耕一お兄ちゃん、も?」
はっ、とした声。
しまった。失言だった――
ああ、もういい。七瀬は開き直る事にした。
「そうよ。どーもおかしいと思ったら、彰くんと一緒にどっか行ったみたいね、あのバカ」
「………」

耕一と、彰。
何の為に出ていったかなど、彰の行動を考えればすぐに分かる。
取り分け、初音はそれなりに頭の回転が速かった。
落ち着いた。少なくとも、「バカはいくらなんでもひどい」と考えられるくらいには。
――耕一は、彰を止めようとした?ならば、何故居ないのだ。
答えは簡単だ。
引き留める事は出来まい。ならば、少しでも負担を少なくしようと。
――耕一お兄ちゃんは、優しいからね。
そんな事を思った。
「探そう」
「へっ?」
初音の呟きに、忌々しげにぼやいていた七瀬が頓狂な声を上げた。
「探そう――ほっといたら、彰お兄ちゃん、死んじゃうよ」
「―――」
七瀬留美は思い出す――自分と同じ名字の男の、怪我の具合を。
見た目の凄さとは裏腹に、怪我自体は比較的大した事は無かった。
取り返しの付かないものも無い。
しかし――失血が酷い。
ここに来てからそう間も経っていない。体力が回復出来るわけがない。
その上で出ていった――
なるほど。死ぬ気に違いない。
ならば尚更、耕一の行動は怨めしい。
何故、止めなかった?
――ったく、バカね。
そんな風に思った。

「でも、どうするの?いくらなんでも、葉子さんは動かせないわ」
「――うん」
後ろのドアを見やる。あの奥では、葉子が休息を得ている筈だ。
腹を撃たれた。場合によっては、死に至る危険性もある。
無闇に動かせば、傷が悪化する。
しかし。
目覚めて、一人だったとしたら――どうするだろう。
眠りに落ちる前の行動を思い起こす。
慌てて起き上がろうとした――
起きて再びそれを行わない理由など無い。
どうする。
どうする?
「――葉子さんが起きるまでは、待機ね」
「そんな!」
悲痛な声。何と痛々しげな表情。
悪い事をしたつもりでないのに、悪い事をした気分にされる。
ある意味凶悪だ。
「分かってる――だけど、そんなすぐに死に急ぐとは思えない。
 バ――ああ、いや、耕一さんもいるしね」
「―――」
「……ここは、お兄さんを信じてあげましょ。ね?」
そう、優しく説き伏せる姿は、まさしく乙女。
――あたし、保母さんになろうかしら。
内心はこれであったが。

乙女の道は、遠い。


【七瀬留美 柏木初音 鹿沼葉子が目覚めるまで待機】

[←Before Page] [Next Page→]