×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

笑顔


[Return Index]

「それで、結局どうなったの?」
「その話、さっきしなかったかい?」
「だから続きよ続き! 潜水艦は結局どうなったのよ?」
「ああ……」

少年は、埋もれたまま建物に目を走らせて言った。

「放ってきたよ」
「何で? もう敵の人間はいないんでしょう?」
「だからと言ってどうすることも出来ないよ。
 僕だけ逃げることは出来ない。
 高槻ともまだ出会えていない……」
「高槻……」

二人はまだ、全ての高槻が死んだことを知らず――。

懐かしい人物との再会は、なんとなく饒舌なムードを作り出す。
郁未は、ここに至るまでの出来事や出会った人たちのことを話した。
耕一の話のときは笑いが漏れて、秋子の話のときは少し暗く。
特に、郁未の母親が殺されたことは重い話だった。
少年は「そうか」と言ったきり、黙って彼女の話を聞いていた。

少年の話はそれより少し長引いた。
往人との交差から始まって、郁美と言う郁未と同じ少女との出会いと別れ。
やたら元気だった少女――詩子――の話。そういえば、彼女は元気にしているだろうか?
そしてその先で発見した良祐の死、その後の葉子との邂逅。

「葉子さんに会ったの?」
少年は頷いて、元気そうだったよと言った。
それから、彼女も高槻を追っていたことを付け加えた。

それを聞いて郁未がほんの少し嬉しそうにしたのを、少年は見逃さなかった。

最後に、蝉丸との出会いと地下への侵入の話で終わった。
「そういえば、あの人たちには私も会ったのよね」
と、蝉丸たちのことを思い出し、郁未は一人頷いた。

「地下施設への入り口は……そこに埋まっている」
「うわ……これは見つからないわね」
自分の目でそこを見て、いやそうに郁未は言った。
「でも……、少なくともここから潜水艦まで直行できる」
少年は真剣な口調で言った。

「生き残った人たちだけでも、あれに乗せて逃がしたいところだけど……。
 郁未、最悪僕が死んだときは君だけでもこれに乗って――」





ちゅっ。





――少年の言葉は、そこで止められた。

「……郁未」
「……バカよね、あなたって。私一人で帰れたって、何の意味も無いじゃない」

郁未は笑った。とても、まぶしく――。

「葉子さんも、晴香も、他の人たちも……あなたも。
 ――みんなで帰ろうよ」


                ・


「――――――――――うん」


                ・

[←Before Page] [Next Page→]