×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Sweetless Days


[Return Index]

二人は、歩き出した。
足取りが、一人の時とは全然違う。
なにやら道のりが、やけに明るくすがすがしく感じられる。
郁未が背負った鞄の重さは、そう大したものではないけれど。
少年の持った”本”は、それだけでは何も生み出すことは無いけど。
何故か、不安は無い。

「ねぇ」
「ん?」
「高槻を倒したら……どうするの?」
「そうだね……」

少し沈黙して、言った。

「高槻の裏にいる黒幕は潰したいところだね」
笑顔で、いつもどおりの笑顔で言った。

――戻るべき日常など、僕には無い。
――なぜならそれはFARGOそのものだったから。
――ならば僕は、ただ死に場所を求めているだけなんだろうか?
――それとも、本当に、郁未と……。

「私は――」
郁未が口を開いた。
「あの人と、決着をつけたい」
「お母さんを……殺した人かい?」
こくっ、と郁未は頷いた。

「――――――――――――――」
「……不服? 私が復讐に走ろうとしていること」
「――――――いや」

不可視の力が封じられた今、君はただの女の子に過ぎないけど――。

「――君がやりたいことをやればいいさ」
「……あなたは?」
「……ん?」
「あなたは……どうなの? その、郁美ちゃんを殺した奴とか」


少年の顔から、笑みが消える。


「――――――――殺すね、必ず」

[←Before Page] [Next Page→]