×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

生キル意味ヲ


[Return Index]

自分の存在意義を考えてみる――。
基本的には「足手まとい」以外の何物でも無いと思っている。
そして、自分自身すらもそれに甘んじていると。
それでいいのだろうか?
――いいわけ、ないよ。
当然だ。


目の前で、もう随分と長く共に行動している鬼の姉妹が、何やら言い争っている。
口喧嘩の絶えない姉妹だ――
もちろん、その内容も多種多彩だ。
よくそれだけ喧嘩出来るものだとも思える。
無論、それだけ仲が良いとも取れるのだが。
不意に、笑みが零れた。
失った家族の温かみ。
それを、そこに感じてしまったから。
――しかし、胸について言うのは禁句だと思ったあゆである。


――ボクには何があるんだろう?
ふと、あゆはそんな事を考えた。
自分は。
自分で考える限りでは、普通の少女であると。
それはもちろん、「うぐぅ」とか連呼する少女が普通とは言えないかもしれぬが。
――祐一君にも散々言われたし、ね。
いや、しかし。
それでも――
自分は、容易く人を殺す事など出来ない。
確認する。
己が、平常であると。
……「まだ」、平常であると。
だけど。
――それでいいのかな……。
そんな事を思ってしまう。
――イキノコルタメニハコロサナクテハナラナイ――

絶対の――この島に於いての――ルール。
それに抗うということは。

即ち、死を意味する。

もちろん、死ぬのはイヤだ。
だけど、殺すのもイヤだ。
それでどうやって生き残る?
結局のところ、自分は同行者に頼りっぱなしなのだ。
そして。
同行者に、戦わせている。
もし、万が一。
自分が狙われて、それで。
自分を守る為に、二人が死んだなら――
それは「殺した」のと変わりはない。
逞しくあらねばならない。
一人で――
自分の命を守りきれるくらいには。
それだけの力が欲しかった。


目の前の姉妹はとうとう取っ組み合いの喧嘩を始めている。
相変わらずだ。
こんな状況であるのに。
――いや、しかし。
やはり胸の話「だけ」は勘弁してほしい。


この島に来てから、感じていたものがある。
酷く――哀しい気配?
頭の奥底に、ちりちりと、伝わる何か。
酷く、深い、深い、カナシミ。
いや、それとも。
―――。
それの主は何処にいる?
自分だけが分かるそれ。
――ボクだけが分かる――。

即ち。
それは、一つの存在意義として成り立つのではないか?

"それ"が一体何かは分からない。
だけど。
――ひょっとしたら、ボクだけにしか分からないのかもしれないから。
だから。
探さなくてはならない――
"それ"を。
自分が。
自分が此処に在った意味を――
残す為にも。

[←Before Page] [Next Page→]