×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

命を越えて伝えるもの


[Return Index]

ザッザッザッザッザッ……!
――遠ざかる足音。
……逃げられた。
何故、逃げた?
……当たり前だ。
突然、失った自分の右手を持った人物が現れたら。
例えそれが誰だったとしても。
疑われない筈は無い。
きっと。
彼女の中で。
自分は、彼女の右手を奪った人になってしまったのだろう。
酷く、哀しかった。
だが。
――正直、撃たれなかっただけでも良しとした方がいい。
彼女はデリンジャーを持っていた筈だ。
それが自分の身体を貫かなかっただけでも――
幸運だ。
―――。
或いは?
――僕だから、撃たれなかった、なんて思うのは……自惚れだろうな。
―――。
探す?
しかし、いずれにしても同じ結果になると思うのだが。
彼女は自分の姿に怯え。
そして逃げた彼女を追う。
……だが彼女を放っておけるか?
答えは、ノーだ。
この島に。
どんな殺人鬼が潜んでいるかは分からない。
その中で、一人。
放っておける筈が無い。
……手段としては。
彼女から見えない位置で、護る。
つまり、彼女の見える位置にあれば良い。
出来れば、すぐに駆け寄れる場所に。
木の上が最も理想的だが――移動が困難だ。
しかし。
――まるでストーカーみたいだ。
そんな事を思って。
一人、微かな笑みを零す。


思いのほか、すぐ近くにその姿はあった。
草の上に倒れていた。
顔が青い――恐らくは、貧血だろうか。
抱え上げた。
妙に軽く感じる。
近くの木陰で下ろすと、自分もその隣に座った。
右腕の包帯。
その先には――何もない。
顔を顰めた。
自分を、戒める。
――アノトキ、ボクガモットチュウイシテイレバ――
――アノトキ、テヲニギッテナンカイタカラ――
チリッ――
電波の衝動。
悔やめども、悔やみ切れぬ――
その、残酷としか思えぬ事実。
償うには、もはやどうしようもなさ過ぎて。
己を、酷く不甲斐なく思った。
――畜生。
――畜生、畜生、畜生。
――畜生、畜生、畜生畜生畜生畜生畜生畜生畜生畜生畜生畜生――。
チリチリチリチリチリチリチリッ――
流れ。
行き場の失ったそれが、酷く自分を――癒す。
元来、それは「壊す為の物」。
――僕は、壊れてしまったんだろうか?
破壊。
破損。
壊滅。
かつては感じた、甘美な響き。
それはもはや感じられず。
ただ、空しく感じるだけで。


――不意に隣を見れば。
肩を並べた少女が、涙を流しているのが見えて。


決意する。
自分は。
――僕は。
今度こそ――彼女を護る、と。
その為なら。
――タトエ、キミニ、コロサレタトシテモ。

コノイノチ、オシクハナイ。



【005天野美汐 気絶中】
【064長瀬祐介 美汐が起きるまでの間だけ隣に】

[←Before Page] [Next Page→]