×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

永遠は閉ざされて


[Return Index]

――それは酷く長い一瞬だった。

手を払う。
それは、茜に残された最後の力。
祐一の手は血で滑り――
その手は離れた。

途端に襲い掛かる、無重力感。

上に見えるのは。
手を放した祐一の、酷く、酷く悲壮な顔。
――そんな、哀しい顔をしないで下さい。
――私は、死んで悔やまれるべきではないですから――。
そう、言いたかった。
けれど、声は出なくて。
胸に穿たれた風穴は、確実に己の命を削り。
奪っていく。
底知れぬ闇へと――。

とうとう、祐一の顔も見えなくなった。
後ろには、深い、深い闇が広がっているのだろう。
――振り返る?
いや。
振り返ったところで、顔から落ちるだけ。
――けれど。
この焼け爛れた顔を。
彼の目に晒すよりはいいかもしれない。
いや――"彼ら"、か。
今。
数瞬前に。
最後の最後に――裏切ってしまった、彼。
そして――
もはや還れぬ、あの地で。
待たねばならなかった――あの人。
不意に。
遠くに見える、木が。
風に揺れて。
その向こうにある空を――覗かせた。
蒼い空は、何処までも深く。
一瞬だけ、ぽっかりと空いた空間に。
蒼く、蒼く広がっていて。
茜は、手を伸ばした――。


もし、この背中に翼があるのなら――
最期に、一つだけ、願いが叶うのなら――
私は。
あの空を越えて。
行きたい――



「永遠」に。



けれど。
再び風は吹いて。
空はその姿を覆い隠された。
それは。
道を閉ざされたようで。
――ふふ。

何となく、笑えた。





ごぐっ。
――随分と、鈍い音。
それが、彼女が聞いた、最後の音だった。



【043里村茜 死亡】

【残り28人】

[←Before Page] [Next Page→]