×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

 あのあと、ガスッ、とまた音がした。
 それは、何の音だったのだろうか。
 もう相沢祐一にはそれが何かを理解することなどできなかった。
 祐一はそのまま、ゴツゴツとした岩の広がる岩場に、腰から砕け落ちた。

 ここは、どこだ?  よくわからない。 目の前には、なにもない。
 音もない、風もない。ただ、真っ黒な世界。
 そこに俺はたった一人で立っていた。
 目の前には、あなたが同じように、立っていた。
 あなたは、これからどうしたいの? そう、あなたは聞いた。
 俺はあなたに、もう疲れた。もう休みたい。と答えた。
 あなたは言った。 そうか、このまま、茜のところにいくのか? と。
 あぁ、そうしたい。と俺は答えた。
 でも、そうはいかない。とあなたは言った。
 なんで、もういやなんだ。もうすべてがいやなんだ。
 俺はここにもう居たくない。存在したくない。
 もうすべて消えてなくなってしまいたい。
 もう何も考える事もしたくないんだ!
 俺はそう叫んだ。
 ならあなたは死ぬのか? とあなたは言った。
 あぁ。と俺は言った。
 無理だよ。あなたは弱いから、死ぬことなんてできないさ、きっと。 とあなたは言った。
 無言の空間が続いた。
 沈黙を破り、口を開いたのはあなただった。

 ほら、お友達が迎えに来た。

 風を感じた。
 俺は、生きていた。
 そう、相沢祐一は思った。だが、それ以外、何も考えることはできなかった。
 「おい、相沢っ!」
 声が聞こえた。体が、びくん、と跳ねたような気がした。
 ふと、目の前が明るくなった。
 目の前には、祐一にとって、久しぶりに見た、見なれた友人と、見たことも無い、黄色の髪をした、女の子がいた。

[←Before Page] [Next Page→]