×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紅と闇


[Return Index]

「くっ……」
血が――
血が流れていく。
仙命樹の力が、上手く働いてくれない。
日が照っている故だ――
傷が塞がるのが、遅い。
目の前に立った少女――のような"もの"は、暗い瞳を自分に向けた。
そこに光は無い。
――これが、"ろぼっと"というものか――
其れを見て。
蝉丸は、目の前に立つ"物"の恐ろしさを――
認識する。

からん、という軽い音。
少女の手に残されていた、僅かな刃が落ちた。
武器は失われた――?

ばちっ。

否。
その予想――或いは希望――を踏みにじるかのように、不吉な音が鳴った。
見れば。
少女の左手に、異様な気配を感じた。
右手は、奇怪な音を発しているものの――
不吉な"何か"を感じさせることはない。
――電撃。
察知。
そして、その予想は――当たりだ。

思案も、対処も考える間も無く。
少女の左手が打ち出される。
咄嗟に身を引いた――
血の線が宙に引かれる。
「――標的、捕捉――破壊――」
不吉な言葉を呟きつつ、HMは蝉丸に近付く。
小柄な身体を利用したそのフットワークは、傷付いた蝉丸を遙かに凌駕する。
横に回られた――
――逃げていては、埒があかないようだな。
仕方がない。
地に着く。
それと共に、弾くように、駆ける。
少女の左手が空を切る。
一瞬の隙。
踏み込み――駆けた勢いを止め、左足を軸とする。
振り返り様に、右の脚を放つ――!
がきぃっ!
鉄の音。
銃弾すら跳ね返すそれは、異様な程硬く。
しかし、正確に肘に放たれた蝉丸の一撃は、HMの左腕を高く、高く叩き上げた。
「―――」
その顔は、無表情であったが――
それでも、やはり唖然としたのだろうか?
無防備な腹。
狙うはそこだ。
「ふっ――!」
強烈な踏み込みと共に放たれた拳は。
鉄が歪む音と共に、少女の身体を遠くに吹き飛ばした。
――だが。

「……くっ」
蝉丸の顔には、脂汗が浮いていた。
点々、と――血が落ちる。
既にその服すらも、紅く染められていた。
傷は、未だ治らず。
戦の場において癒す事もままならず。
その傷は――
確実に蝉丸の体力を蝕んでいった。
少女が、立ち上がる。
ぎりぎり、と奇怪な音を発していた。
――戦えるのか?
自問。
暗き眼を向け。
少女は、其れを"破壊"すべく左手に電撃を纏う――
――俺が戦わずして、誰が彼らを護ると言うのだ。
自答。
今為すべき事は、時間稼ぎ。
自分が少し前に立つ少女を倒す事は叶わぬだろう。
だが。
ここで闘う事が、勝利へと繋がるのなら。
多少の傷など、構わない。
自分は、軍人だ。
その為に在る筈。
だが。

「蝉丸さんっ――!」

不意に、呼び掛ける声。
あの声は。
「いかん――来るなっ!」
蝉丸は、駆け寄らんとする、もう一人の戦士に静止の声を掛けた。


それが間違いだった。


ドンッ!
「がはっ……!?」
気付けば、少女の身体が目の前にあった。
いや――それが離れていく?
どういうことだ。
しかし、そこで気付く、全身が痺れるような感覚。
しまった――蝉丸は気付く。
そう。
振り向いてしまったその隙に。
"あれ"を食らったのか。
――くっ!
空中で、身体を捻る。
全身を使い、衝撃を止め、そのまま駆け出す――
筈だった。
不意に、ぐらりとその身体が揺れた。
当然だ。
電撃を食らって、無事でいられる筈がない。
一瞬で気絶しなかっただけでも、幸運と言えよう。
――くそっ、不甲斐ない……。

己の力不足を悔やみつつ。
――蝉丸の意識は、闇へと落ちた。



【040坂神蝉丸 電撃によりK.O.】
【HM-12 左手に電撃装置セット】

[←Before Page] [Next Page→]