×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

愚者達の行く末


[Return Index]

 結局、助かったのは自分だけだった。
 里村さんはわざと自分の命を捨てた。
 祐一はそれを追って、崖下へ飛び下りた。
 この高さだ、落ちたら助からない。
 残されたものは何だろう。
 私は生きている。なつみさんは死んでいる。
 死んでいる、よね。
 祐一の荷物も、傍らにあった。
 私達は、大馬鹿だ。

 祐一を最期まで信じきらずに、自ら命を捨てた里村さん。
 どうして信じてあげないの? あんなに真剣に、里村さんを思っていた祐一を。
 簡単に諦めて、くだらない自己犠牲なんて。
 はい、馬鹿一人目。
 それを追って、崖から飛び下りた祐一。
 もう助からないのはわかってたはずでしょう?
 あなたの思いはわからないでもない。
 でもあなたが死んだら、里村さんの犠牲が無駄になるだけなのに。
 はい、馬鹿二人目。

 そして、なつみさん。
 撃ったでしょ、里村さんを。
 ねぇ、どうしてそんなに簡単に人を殺そうとするの?
 そんなにボロボロになってまで、何でそんなに殺そうとするの。
 私にはわからないよ。馬鹿だよ、あなたも。

 あ、私もだ。
 私も教会で、人を一人刺したんだ。
 あはは……絶対に殺したりしないって誓ったのに、何やってるんだろう?
 やっぱり私達は、祐一についていくべきじゃなかったんだ。
 教会で別れるべきだった、甘えてはいけなかった。
 そうじゃなきゃ、皆死ななかったのに。
 私達は、大馬鹿だ。

 どうして私だけ生きてるんだろう。
 生きている、生きている以上、私は生きるよ。
 でもちょっと疲れたから、休みたい。
 休みたい――。

「ぴこぴこっ!」

 何か音が聞こえた、そんな気がした。


【椎名繭、また気絶】
【祐一の荷物は崖上】
【繭は祐一は死んだと思っている】
【最後の音は、言うまでもなくぴろ】

[←Before Page] [Next Page→]