×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゆめのあと


[Return Index]

 夢を、見た。

 みゅーをうめにいって、そこであったひとたち。
 こうへいさん、みずかさん。
 みゅーがいなくなって、さみしくて、こうへいさんの学校へいった。
 みずかさんは、笑ってってあたまをなでてくれた。
 こうへいさんも、あきれ顔だったけど、学校にいくことをゆるしてくれた。
 せいふくももらって、しばらくあの学校へかよった。
 こうへいさんには「おとうさん」のようなきびしさとやさしさがあった。
 みずかさんは「おかあさん」みたいだった。
 ななせさんは、なんだかんだでかまってくれて、「おねえさん」みたいだった。
 たのしかった。
 ハンバーガー、いっぱい食べた。
 じゅぎょうに出た。
 ななせさんのかみのけで、遊んだ。
 かえりみち、いっしょに歩いた。
 もとの学校にもどると決めたときも、笑顔でおくってくれた。
 ぜんぶ、たいせつな、想い出。

 かえりたかった。あのころに。
 もどりたかった。あのばしょに。
 だけど――

 夢から唐突に、瑞佳さんの姿が消える。
 夢の世界が、黒く、染められていく。
 瑞佳さんはもう、いない。
 このわけのわからないゲームとやらのせいで、命を落としたのだ。
 もう、あの頃に帰れない。
 もう、あの場所に戻れない。

 復讐なんて真似はしない。
 そんなことをしても、瑞佳さんが戻ってくるわけじゃないのだ。
 それに、誰かを傷つければ、また悲しみが増える。
 そんなことに意味はないのだ。

 どこまでも冷静に頭が回る。
 感情に任せてしまえば、流されてしまえば、どれだけ楽になれるだろう。
 でもそれは、きっといけないことなのだ。
 今だから、この頭だから、理解できた。
 そう、『理解』できてしまうのだ。

 だが、咄嗟に取ってしまう行動というのも存在するわけで――

 自分の手には、刀が。
 教会で人を刺した、その映像がリアルタイムに再現された。
 私が刺した人。
 その顔が振り向く。
 血にまみれて、笑っていた。

「いやぁぁっ!」

 私は目を開けた。
 夢を、見ていた。
 そして今、最初に映ったのは。
 恐い顔。
 その顔が、言った。

「目、覚めたか?」

「きゃぁぁぁぁっ!」

 私は思わず、その人を殴りとばしてしまった。

[←Before Page] [Next Page→]