×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DEAD OR ALIVE(後編)


[Return Index]

(なんの…ことだ…?)
頭が――痛む。胸が――締めつけられる。
(俺は――どうしてここにいるんだ…?)
北川が、祐一を睨みつけて。
(俺は――)

――7年前、心を閉ざしたあの、冬の日の赤。

――そして、今、俺は何を……?

『ゆう…いち…』
――まこ…と…?なんで…倒れて…

名雪と、秋子さんの姿がゆっくりと重なって――赤くなって…

そして、亜麻色の髪のおさげの少女――

「えっ…えっ…?」
胸が、痛む。上手く、息ができない。
「どうしても…駄目なんだっ…なんでだ…北川っ!!」
「相沢……」
「思い出したくてもっ…痛い…教えてくれっ…ここは…どこだっ!」
「……」
「俺は…何を探してるんだっ…あゆ?名雪?真琴?栞?舞?それとも――」
「……」

「教えてくれっ!北川っ!!」
北川の、肩を強く掴んで。
「……」
北川は、そこで初めて祐一から目を逸らす。
「それだけは、駄目だ。お前が、自分で思い出さなきゃ、駄目だ」
「……俺が?」
「俺にはお前が何をしていたか…何でそうなっちまったのかは分からない。だけど…」
北川が、再度、祐一に向かい合う。今度は、睨みつけるではなく、真っ向から、真剣に見つめる。
「それだけは――お前が自分で思い出さなきゃ駄目なんだ!」
「き…たがわ…?」
祐一の、胸が締め上げられる。
「おれは…」


ガサッ……


「なんだっ?」
ここから割と遠くない茂みが、作為的に揺れた。その音が潮騒の音に紛れて響く。
(誰か来るっ!!)
声をひそめ、祐一を半ば無理矢理的に座らせる。
(レミィ、下がれっ!)
運んでいたバッグから、銃――コルト・ガバメントを取り出しながら北川が囁く。
(ラ、ラジャーです!)
レミィもまた、刀を取り出して、揺れる茂みの逆方向へと移動する。
「な、なんだ…どうした北川っ!?」
(しっ…声を立てるなっ…顔もあげるな…じっと伏せてろ…今は黙って従ってくれ…もし敵なら…)
――敵?敵だって?今、北川は敵…と言ったのか?

(なんだ…一体…それ…銃…!?)
(もう、四の五の言ってる暇はない…一度しか言わないぞ…これは…殺人ゲームだ…死にたくなかったらお前も隠れてろ!)
(えっ?えっ?)
祐一の手に投げ渡される銃――里村茜の持っていたサイレンサー付きの銃だ。最も、今の祐一はそれを知る由もないが――

この三日間、北川が会った人物は三人。
まだ、殺人ゲームだということを認識できなかった頃に、宮内レミィ。
レミィと立て篭もった小屋に詰問してきた、信頼できる親友、相沢祐一とそのお供椎名繭。
いずれも、北川がなんらかの理由で心を許せる相手だけだった。

浩之から始まって…数多くの死体を見てきた。
それは、北川に殺人ゲームだと認識するに充分な現実。
護をはじめ、数多くの知り合いが死んだと告げられた事実。
そして――もう繭を除けば北川にとって、もう生き残りの中に心を許せるような知り合いは――いない。
(今まで誰にも遭遇しないことのほうがおかしいんだよな…)
結論、今、向かってきている人物は、ゲームに乗った敵である可能性が、高い。
そうでなくても、生きる為に殺す――と結論付けた奴だっていてもおかしくない。
最初から下手にフレンドリーに近付いて、いきなり撃たれて殉職――なんてたまったもんじゃない。
(そうでなくても…レミィと、状況を把握できてない相沢がいるんだ…)
慎重に、相手を探る。

ガサガサ…さらに茂みが揺れた。

(なんだ…今、北川は敵…といったのか?…それに…北川の持つ銃とこの銃…本物じゃないのか!?)
「動くな…誰だっ!!」
祐一の混乱が覚めやらぬ内に、北川は揺れる茂みと対を成す木の陰に移動し、そう呟く。
「……っ!?」
驚いたような声。
その声が、女だということが認識できる。
「こっちに、攻撃意思はない…分かるかっ?」
チラリ……
意を決して、木の陰から片目を出す。
(って、うちの学校の生徒じゃないか…しかも一年?)
一瞬で見て取れた。見慣れた学校の制服。リボンの色は間違いなく一年生のものだ。
それよりも…胸に抱いた右腕が――脳裏に一瞬で焼きついた。

「あまの…天野じゃないか!」
突如、叫びながら祐一が立ち上がり、天野――と呼ばれた女生徒に駆け寄った。
「お、おい、相沢……!」
北川の隠れる木の横を通り過ぎ、前へと踊り出る。
「……あい…沢さん…?」
女生徒の、少し震えたような声が漏れる。
「相沢の…知り合いか…」
初めての敵との遭遇…と思われる事態に、大げさに神経質になりすぎていたのかもしれない。
(少し、軽率だったかもな…)
北川は、頭を掻いた。
「ふう…」
伏せていたレミィにも、安堵の表情が宿る。

頭が…ひどく痛む。
頭の中におぼろげに浮かぶ戦慄のイメージ。
血に染まった、赤。いつか見た光景。

――ゆ、祐一、大丈夫?この子が悪いんだよ!祐一を殺そうとしてたから…――
――でね、途中で『みゅ〜』て言ってばっかりの女の子に会うの。
  その子はまだ子供だから、まことはその子のお姉さんになってあげたの。
  木の実をあげたり、変な人に襲われたときは真琴が守ってあげたりしたんだから!――

「天野っ……!!」

張り裂けそうな赤――そしてかすれる声。
「天野……まこと…は…?」
気が付いたら、口に、ついていた。その名を。
「いやっ…!!」
「それに…その右手…おい…天野っ…!!」
女生徒の様子が、おかしい。
「おい、相沢…?天野…さん?」
先程、祐一が口についた名を、北川も口に出す。
その女生徒は、明らかに――何かに怯えていた。

美汐の足が、一歩、二歩、と後ろへ下がる。
「いや……入ってこないで…」
ガクガクと足を震わせながら、美汐が声をしぼりだす。
「天野…まこと…は…?」

――まこと…いやっ…まことはもう…いないの…
――悲しい…つらい記憶…

「それに…その右手…おい…天野っ…!!」

――わたし…の…みぎて…もう…ない…の…?

――わたしの中に入ってこないでっ…!
――これ以上私を壊さないでっ!!

「いやっ…!」
「天野っ!」
祐一が、美汐の肩を掴んで、揺さぶる。
こんな、美汐の取り乱した…錯乱した姿に、祐一もまた取り乱していた。
「おいっ、相沢、落ち着けっ!!」
北川の声が、遠くで聞こえる。
「いやっ!!」
「天野っ…」
祐一の手を振り解いて、その勢い余って背中からその場に倒れる。
「天野…一体…」

ガサッ…

一瞬だった。

今度は、誰も気付かなかった。
バキィッ………!!
ただただ、祐一と美汐のやりとりに目を奪われていただけだったのか…
それともそうでなくても気付かなかったのか。
それほど…唐突に、祐一が派手に吹き飛んだ。
「ガッ……!!」
北川が、祐一を殴りつけた時よりも、数倍あたりに大きく響き渡る音。
「……相沢っ!?」
倒れた祐一と、その逆に位置する男の影。
「……」
(誰だっ!?)
右手で銃を水平に構え直しながら、北川が呻いた。
背中を向けたまま――美汐と正面に向き合ったまま…と言ったほうが正しいのかもしれない――
ちらりとこちらを見やる男。年の差は北川達とそう相違無い。
「いきなり…なにすんだあんたっ!!」
その男の目は、どこか異常な、何かを感じさせる目で。
(なんだ、こいつは…こいつはゲームに乗った奴なのか!?)
男が手に武器を持っていないことを確かめながら、ぐるりと回りこんで祐一の方へと向かう。
銃は構えたままに。
(それに…なんだあの手はっ…!)
武器こそ手にはしていないが…右腕に携えられている袋のそれは…
(人間の…手!?)
それに気をとられた時、きらりと何かが光った。

「えっ…?」
「ジュン!!」
レミィの叫び。
(なんだっ……?)
本能的な恐怖…北川の、右腕の周りにまとわりつくそれ。
右手から、超高速で伝染する、圧倒的な恐怖。
「うわあああっ!」
レミィの叫びがあったとはいえ、それを感じ取れたのは北川にとって幸運であったのかもしれない。
ゾリッ……!!
勢いよく手前に引き抜いた右手から、鮮血が迸り、その場を赤く照らした。
「ぐぅっ!?」
ただ、熱い…という感覚と共に、北川が後ろに一歩、二歩とよろける。
カラカラッ…
その感覚で取り落としてしまったたコルト・ガバメントが男の足元にまで滑って止まる。
空中に残るその日の光に輝く糸を、男が手前に引き戻す。
赤く垂れる血と共に、何か長い布みたいなものが巻きつくように付着していた。
「痛ぇ…」
それは、北川の右腕の――皮。

なに…今の…祐介さんが…右腕を…刈ろうと…
祐介さん…?

狂気が、電波が、伝染する。

私の右手…その男の人の右手…あなたが持っている右手…

私も…刈るの……!?

思考の混乱の最中、祐介が薄く笑った気がして……

「いやあああああっ!!」

その場から…逃げた。
そうしないと、信じていた何かが、壊れてしまいそうだったから。

「……」
男が足元に転がってきたコルト・ガバメントを拾い上げ、構える。
祐一にでなく、北川にでもなく、宮内レミィに。
「…!!」
北川が、横目でレミィを見やる。
「……」
先程まで持っていた刀ではなく、銃――電動釘打ち機――を両手に、狙いを定めている宮内レミィの姿があった。
「や、やめろっ…」
右腕の痛みをこらえながら、北川が叫ぶ。
その時……

「いやあああっ!!」

沈黙を守っていた美汐が、来た道の方向へと駆け出した。
「………!!」
男が、一瞬そちらに気を取られる。
「フリーズッ!!」
ビシュッ…!
五寸釘が、勢いよく発射される――が、男は瞬時に転がってそれをかわす。
確認してから転がったわけじゃない。まさに刹那の出来事だった。
「……!!」
転がったそのままの勢いで起き上がると、ゆっくりと、こちらに銃を構えながら、後退していく。
「フリーーズッ!!」
レミィの再三の叫びにも止まらずに、男は銃を構えたままに奥へと消えていく。

やがて、その姿が木々の間に見えなくなった頃、全速力で駆け出していった。
美汐の、消えた方向へ――と。

「ジュン!ユーイチ!大丈夫?」
レミィが、心配そうに二人を眺める。
「あ、ああ、大丈夫だ…心配しないでくれ…」
と言いつつも、右腕の肘から先…手首までの部分が真っ赤に染まっていた。
(皮が…ほぼ全部持っていかれてやがる…いちち…)
ビリビリッ…自分のシャツを左腕で勢いよく破ると、それを右腕に巻きつけ、縛る。
「北川…なんだ…今のは…?」
殴られた頭を激しく振りながら――祐一の戸惑いの声。
「分からん…たぶん…ゲームに乗ってしまった奴なんだと思うが…」
きつく、強く縛りながら北川。
傷こそひどいが、出血はさほどでもないらしい。縛り上げたシャツが真紅に染まるまでには到らなかった。
「ゲームって…なんだよ…」
「……」
右手の具合を、強く握ったり開いたりして確かめながら、黙ってその言葉を耳に通す。
「殺人ゲームって…この銃はなんだっ!真琴は…真琴は…死んだ…のか?」
先の祐一の、頭の中に浮かんだイメージは、それだった。
「……」
ただ、何も言わず、祐一を見つめる。
かけるべき言葉は、見つからなかった。
「ふざけるなっ!殺人ゲームなんて…ふざけるなよっ!!馬鹿野郎!!」

「相沢…」
「うるさい!俺は…俺はみんなを探す!北川、手伝ってくれ!」
「……」
それにも、答えることができなかった。
「ユーイチ……」
「なんでだ…なんで黙ってるんだ?まさか…みんな――なんて言わないよな!?」
「…相沢…」
「くそっ、俺は…俺だけは…みんなを探す…きっと生きてるっ!当たり前じゃないかっ!
 あゆも、名雪も…真琴も、舞も…栞も…佐祐理さんも…みんなみんなっ…!!」
「おい、相沢っ!!」
突如、祐一が駆け出した。森の向こうへ向かって。

「そして――もっ!!」
降り続く雨の中、空き地で待つあの寂しい瞳の少女も…
だけど、その彼女の名前と、その姿だけは、もやがかかったように思い出せなかった。


「ジュン!」
レミィが、手荷物を片手に叫ぶ。
「分かってる…今のあいつを一人にはできないだろ!」
左手でバッグを下げ…傷ついた右腕で大口径マグナムを構えながら。
北川達もまた祐一の消えた方向へ向かって走り出した。

――僕もまた狂っているのだろうか――

天野さんを守るために…
ためらいもなく他の参加者に手をあげる…

いや、ここに来た頃は最初から手をあげていたじゃないか…
それは、狂っていたとは言えないのか?

あの時は、叔父に会うため、そして生きるため…大切な…漠然とした何かを守るために…

そして、今は、もう近づく資格などない僕が、それでも天野さんを守るために。
大切な、形あるものを守るために。


いいじゃないか。昔から狂っていたとしても。
いいじゃないか、たった今、狂ってしまったとしても。

僕が狂うことで大切な、本当に大切だと言える人を守れるなら、それでいい。
守りきれるなら、狂ってしまってもいい。
僕の、選んだ道だから。

――ああ、電波が心地いい。



【相沢祐一 サイレンサー付きの銃入手】
【長瀬祐介 コルト・ガバメント入手】

[←Before Page] [Next Page→]