×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

愛の消毒大作戦


[Return Index]

 世界がぐらりと歪んだ。
 足が、パタリと止まった。
 視界からは、相沢祐一の姿が消えていた。
 目の前には、黄色い髪の、女の子。
 心配そうに、俺のほうを覗き込んでいた。

「ダイジョウブ?」

 彼女、宮内レミィはそう言ってるような気がした。

「あぁ、俺は大丈夫だ」

 なんて強がって答えようと思ったけれど……ダメだ。
 息が、苦しい。
 手が痛い。
 腕は、真っ赤、だ。
 握っていた、マグナムが、地面に落ちた。
 どさり、と音がした。
 大丈夫じゃないな、俺。
 心の中でそう呟いた瞬間、北川潤の意識は落ちた――。

 目がさめると、柔らかいものの上に、俺ははいた。
「ジュン!」
 レミィの顔が目の前いっぱいにあった。
「おわっ!」
 少し驚いた。
「ジュンが目を覚ました! ワタシとってもウレシイ! ジュン! もう起きないかとおもったよー!」
 どうやら、俺はレミィの膝枕で眠っていたらしい。
 流石にこのままだと、恥ずかしいので立ちあがろうとした。
「ジュン、ダメだよ! もうちょっと寝ていなきゃ!」
 眉をつりあげ、レミィは言った。
 とりあえず、今は言うコトを聞いていたほうがよさそうだ。
 というか、ホントは動けなかった。
 ケガをしていた右腕を見た。
 腕には葉っぱが茎でまきつけられていた。
 レミィがやってくれたんだろう。
「レミィ、これありがとな」
 腕を指差して、北川は言った。
「エヘヘ……これが限界だった」
 レミィは、少し照れて、笑った。
「十分だ。レミィがやってくれたんだからな」
「一応、化膿しちゃダメだから、消毒しといたヨ……」
 レミィは顔を赤くして、言った。
 と、消毒?
 ここにはオキシドールもヨードチンキも、赤チンもない。
 ってことは……。
 頭の中で考えると同時に、北川の顔も赤くなった。
 「それじゃぁ、ちょっと水くんでくるヨ!」
 そう言ってレミィがさっと立ちあがった。
 ゴスッ
 頭が地面に落ちた。
 物凄く、痛かった。
 腰から上だけ、上体を起こして、俺はレミィが帰ってくるのを待つことにした。

[←Before Page] [Next Page→]