×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

さらに辿る


[Return Index]

幾分かすると道は開けた。
そこは……死体が放置されていた。
しかもまだ新しい。
そして、
僕……いや、僕たちはこの顔に見覚えがあった。

「……高槻」

そう、そこには高槻が惨憺たる姿で死んでいた。
しかも複数体。

「どういう……こと?」
「……分からない」

……分からないが、これではっきりしたことがある。
連中は人間をクローンする技術すらも保有していたことだ。
高槻ではない、FARGOにそんなものは無い。
このゲームの黒幕だ……。

――このときの僕はまだ、長瀬の存在を知らない。

「この顔が目の前に何個も並ぶのを想像すると、反吐が出るわね……」
いつになく毒舌な彼女。
……だが、奴を知っているものにとっては無理も無い反応なのかもしれない。
死して尚罵倒される男……この男もまた哀れだった。

顔は……粉々に粉砕されかけている。
マシンガンの掃射を喰らったようだ。
はっきりいって……見ていて気持ち悪いものだ。
よく郁未はこれを見ていられると――。

……そうでもないようだ。
もう吐く寸前の苦しい表情……。

「郁未」
郁未はつらそうな表情でこっちを向いた。
「もう、ここいる必要は無い。……行こう」
彼女を促す。
……死体など見ていて気持ち良いわけが無い。

僕たちは、そこから少しばかり先に進んだ。

「……ねえ」
「なんだい?」

郁未が、歩きながら僕に話し掛けてきた。

「……目的、無くなっちゃったね」
「……」

僕は、それにすぐ返事をすることが出来なかった。
クローンがいるなんていうことは予想を越えた出来事だった。
こんなことでは後何体高槻がいるんだか知れたものじゃない。

だが。

「……いいさ」

高槻は殺されていた。
僕たちと同じように考える人が、確実にいることが分かった。
ならば、それでいい。
もしこの先高槻と会うことがあったなら――。

「後は、生きている人間を集めてこの島を脱出すればいい」

――その時改めて殺し直せばいい。

「……そうだね」
「ああ」

郁未は何かいいたげな……ああ分かってる。
彼女はまだ自分がやることがある。
でも、それをあえて忘れた振りをしている。
……僕と、同じように。

だが、僕たちはまだ知らない。
高槻を死んで、管理者を失ったと思い込んでいた殺人ゲーム。
それがまだ続いていることを。
黒幕は、もうずいぶんと側で動いていることを。

そして。


――僕の限界も、もうすぐそこまで来ていたことも。

【郁未+少年:さらに西へ】

[←Before Page] [Next Page→]