×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人でなくなるということ


[Return Index]

ドックン…

 なにかが聞こえる。
 僕の耳に振動が伝わってくる…。
「初音ちゃん!! なにを!」
 僕の近くに人がいる。複数。
「だって…。このままじゃ彰お兄ちゃん死んじゃうよ!」


 耕一は血を流す初音の腕をつかみ、自分の方に引き寄せる。
「なんてバカなことを!!」
 耕一も知っていた。次郎衛門の話。自分の前世の話だ。
 瀕死の次郎衛門を助けるエルクゥ。その方法。
「バカじゃないもん! 私は彰お兄ちゃんを助けるの!
 今まで助けてもらってばっかり…。私はいつも役立たず…。
 そんなのもう嫌なの!」
 初音はもがいて耕一の手を振り切ろうとする。
「離してよ! 離してくれないんだったら耕一お兄ちゃんなんてキラ」

パシィッ…

 初音の頬を耕一が…叩いた。初音の体が床に転がる。
「え…ぐ…」
 泣き顔でふりかえる初音。しかし口から出かけた言葉はそこで失われた。
 耕一の…苦虫をかみつぶしたような表情。
「彰君は男だ…」
 その言葉に初音の表情が変わる。
「あ…」
「もしも鬼の力を得て…。そして制御できなかったら」
 怯えへと…。

「初音ちゃん。俺はね。この島で一度、鬼に変身したんだ…」
「えっ?」
 力は封じられているはずなんじゃ?
 その問いは表情にでた。
「俺は死にかけたとき、初音ちゃん達4人を守る力が欲しいと強く思った。
 鬼の血の力。ひたすら力を求めたんだ」
 初音はなにも言わない。言えない。
「結界とやらは『人間の操る人外の力』は封印できているみたいだが…」
 彰に視線を移す。
「『鬼の操る人外の力』はそうはいかないのかもしれない。もし彰君が鬼に目覚めたら…」
(血…吐かせる…か?)
 今からでも間に合うかもしれない。
 彰を前に耕一は思案する。
 しかし鬼の血でもないことには、死ぬ可能性が高いことは誰の目にも明らか。


「その時は…」
 立ちあがった初音が、胸の前で拳を握っている。何かを決意したように。
「初音…ちゃん?」
「鬼になる前に私が…」
 彰の方を向く。

 あなたを殺します……。そして私も。
 それはエゴ。なんで人で無くしてまで生き残らせたと怒られるかもしれない。
 それでも私は…。彰お兄ちゃんにこのまま死んで欲しくない!



ドックン…

 僕の中に何かが生まれる。
 しかしそれはまだ、硬い檻に閉じ込められている。
 そう。硬く、そして時にはもろい『理性』という名の檻の中に…。

[←Before Page] [Next Page→]