×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

男二人。史上最大の作戦


[Return Index]

「外から見た感じだと施設はこれぐらいの大きさだと思うのだが」
 蝉丸さんがペンで基地のだいたいの形を描いてみる。
「まぁ地下がどうなっているかは分かりませんけど、確かに…」
トン……トン…トン…
 俺がその施設の外周三箇所を指でたたく。
「ここが俺達の見つけた入り口。裏のこことここ辺りに脱出口がありそうな雰囲気ですね」
 自分なりの推理。的確なポイントだと我ながら思う。蝉丸さんの表情が驚嘆のそれになる。
「君は一般人だろう? なかなかの推理力だ。私が考えていたのと変わらん」
「はは…。臆病なだけですよ」
 リビングルームに男二人。作戦会議は続いていた。
 ん?
 そう言えば…。
「蝉丸さん。晴香さんは今何してるか知ってます?」
 一人だけ、自分が行動を把握していない人物がいるのに気づいた。
「彼女なら、ドラム缶見つけたからドラム缶風呂をする。とか言って外で準備していたぞ」
 は?

「ド…ドラム缶風呂っすか!?」
「うむ。少々危険だとは思うのだがな。やはり婦女子は気になるらしい」
 確かに最近皆風呂に入っていない。常に活動しているので汗はだだっかきだ。
婦女子と言わず、男の俺でもそろそろ気になる。
「ふむ…そうだな。施設うんぬんよりそっちの方を決めるのが先決かもしれないな。
 男としてやらぬわけにはいくまい」
 蝉丸さんはもう一枚紙を取り出し、この家のだいたいの形を絵にする。
「耕一君。君ならどうする?」
 え? そんなこと言われてもなぁ…。真面目な顔で言われても…。
 確かにマナちゃんや初音ちゃんはともかく、晴香さんあたりは覗いてみたい気はするな〜。
 ぐっ…。いかんぞ男耕一。そんな情けない行為を初音ちゃんにでも見られてみろ。
 「お兄ちゃんのエッチ〜!!」ばしっ!
ぐらいは食らうかもしれん…。しかしこっちには戦闘・隠密のプロ。蝉丸さんがいるわけだし、
ちょ〜っと俺の好奇心もムラムラ〜と…。
「そうですね。こことここ辺りが最適なんじゃないかと…」
 自分なりの推理。的確なポイントだと我ながら思う。しかし蝉丸さんの表情が落胆のそれに変わる。
「残念だ耕一君。そこでは遠すぎる。確かに視界は確保できているが、部屋の中からというのは決定的にまずい」
 え? だってそれ以上近いと、確かに楽しいけど見つかる可能性が…。

「特に最重要警戒地点のこの繁みから彼女らが襲われた場合。対処に大きく時間がかかってしまう。
 他の参加者が長距離射程武器を持っていないとも限らんしな。
 耕一君は攻めは得意でも、警護には向いていないのかな?」
 え?
 …。
 ……。
 ………。
 しまったーーーーーーーーーー!!
 一人だけで不謹慎な想像していたのかぁぁぁ!!
 先生…すっごく恥ずかしいじゃないかーーーー!
 不謹慎な僕を許しておくれよ初音ちゃん…。

カタン

 俺の魂を現実に連れ戻した、廊下からの物音。
 出てきたのはマナちゃんと月代ちゃん。
「あ、彰くんの様子はどうだった?」
 当然の問いにビクッと体を硬直させるマナちゃん。
「ああ、あ、げ…元気。元気なんじゃないかなぁ…?
 あはは、あはははははは…」
「ふむそうか、なら良かった。だがもう少し休ませて体力を回復させておきたいな」
「体力を回復…ねぇ……、余ってんじゃないかしら(ボソッ」
 ??
 さっぱり要領を得ない。
 しかし俺にはもうひとつ疑問がある。
 月代ちゃんの仮面ってなんなんだ?
(;´д`)

【083三井寺月代 再び(;´д`)】
【092巳間晴香  ドラム缶風呂準備中】

[←Before Page] [Next Page→]