×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

七瀬のないしょ


[Return Index]

蝉丸と耕一は施設襲撃の作戦会議中であった。

「……む」
ペンで施設の近くの地形を描いていた蝉丸。彼の突然の反応に耕一は首をかしげた。
「どうかしました?」
「い、いや、なんでもないと思うのだが」
「……?」
よく分かんない人だな、と耕一。
蝉丸もよく分かっていなかった。
当然である。
――何故。
何故このような時に"喘ぎ声"が聞こえるのか。
随分と血を流したせいで、気の疲れでも現れたか。
それとも、本当に誰かが――。
――まさか、な。
空耳に違いない。
そう思うことにする。
蝉丸は、今も微かに聞こえる「その音」を無視しつつ地図を描き続けることにした。

しかし、気が散って仕方がない。


氷まくらの交換に来た七瀬は、扉越しに怪しい雰囲気を感知した。
激しい、物音。そして呼吸音。

(…ま、ままま…まっさいちゅー…?)
そうだ、これは…間違いない。
真っ最中、だ。
(ちょちょ、ちょ、ちょっと、何してんのよ…)

氷まくらをだきしめて、顔を赤らめたまま呆然と立ち尽くす七瀬。
いつの間にやら近くに晴香が来ていることさえ気が付かない。
「七瀬?何してるの?」
「は!?ははは晴香!? ななな何でもないのよ!?」
猛烈に慌てる七瀬。

「…何でもないって事ないでしょ、声裏返ってるわよ。普通に話しなさいよ?」
「い、いいから今すぐ立ち去るのよ!乙女と明るい家族計画の名にかけて、ここを通すわけにはいかないわ!」
弁慶よろしく戸口の前で仁王立ちする七瀬。

「な、なにムキになってんのよ…(家族計画って何よ)」
「いいから!行くわよ!」
晴香の背を押して、そのまま部屋を離れていく七瀬。

「文句があるなら選びなさい!馬に蹴られるか!アタシに殴り殺されるか!あなたには二つに一つしかないのよ!?」
「ハァ?…わかんないヤツね…(馬って何よ)」
憑かれたように捲くし立てる七瀬。

そして妙に興奮した七瀬が晴香を突っ張りで外へと押し出す。
「ほらほら! お風呂の準備中なんでしょ!」
「え、ええ…」
…氷まくらは、のぼせた七瀬が全て溶かしてしまったそうだ。


「耕一君」
「なんです?」
振り向くと蝉丸はこめかみに手を当て、首を振っている。

「済まんが場所を変わってもらえないか?…疲れているようだ」
「ああ…構わないけど…」

 
「……む」
耕一の反応に蝉丸は首をかしげた。
「どうかしたのか?」
「い、いや、そうじゃないんですけど」
「……」
君も疲れているのだな、と蝉丸。
耕一もそう思っていた。
当然である。
――何故。
何故このような時に"喘ぎ声"が聞こえるのか。
変身後遺症のせいで、幻聴でも聞こえたか。
それとも、本当に誰かが――。
――まさか、な。
空耳に違いない。
そう思うことにする。
耕一は、今も微かに聞こえる「その音」を無視しつつ見回りを続けることにした。

しかし、気が散って仕方がない。


「……」
「(´ー`)…行ったわね」
七瀬たちと入れ替わるように扉に立つ少女が二人。
マナと、月代。期待に目を輝かせて、戸口に張り付き、覗いてみたりする。
「わ…」
「(゜д゜)…」
思わず言葉を失う。
再び声を取り戻すのには、たっぷりと時間を要した。

「す…進んでるわね…」
「(´д`)負けた…」
その頃には、激しい敗北感に苛まれていたという。微妙なお年頃、である。

「蝉丸さん」
「どうした?」
振り向くと耕一はこめかみに手を当て、首を振っている。

「すみませんけど、また場所を変わってもらえないでしょうか?…疲れてるみたいなんで」
「……」

「あの…蝉丸さん?」
「……」
…軍人は、冷徹だったという。

「外から見た感じだと施設はこれぐらいの大きさだと思うのだが」
 会議は進む。

[←Before Page] [Next Page→]