×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

もう、届かない


[Return Index]

ビスビスッ!!
奇っ怪な、何か肉を刺すような音が響いた。
「あ……」
「な、な……」
ゴトリ…何かが音を立てた。
「な…なにしてんだよ!レミィ!!」
「アッ……」


幸せは、手の中から逃げていってしまった。
こんな島でも、確かに心を拠らせることのできた暖かい場所。
そんな幸せが逃げてしまっていったことが、あまりに悲しくて。
取り戻そうと、もがいた。


「どうして…なんで!!」
北川の絶叫が響く。
「ジュン…ワタシ…ワタシ…」
声の聞こえた方へ、目を向けると、そこにはレミィが望んでいた場所が広がっていた。
「何で、こんな…」
祐一の声が、どこか遠く聞こえた。


幸せは、形あるもの。だから、いつだって取り戻せる。
探して見つければ、いつだって幸せは手に入るものなんだ、と。
レミィは思った、思っていた。
飛び立っていった青い鳥も、必ず取り戻せると信じて。


「いきなり…撃つなよっ!なんでっ!」
祐一と北川からは、一部始終しか目撃できなかった。
レミィが小屋へ侵入し、結花に狙いを定め、そして逃げようとした結花を躊躇なく撃った。
それは悲しいすれ違い。…それでも、結花が撃たれ、倒れたことはまぎれもない事実。
「あ…ワタシ…ワタシ…」

形のあるものは、すべて壊れてしまう。


ドン!!
銃声が響いた。
「ア……」

「ガハッ…」
息も絶え絶えに、最後の力を振り絞って。
胸から真っ赤な血を滴らせた結花が、レミィに銃を向けていた。
「あんた…なんか…に…」

「ア…ジュン…ワタシ…」
「れ、レミィ!!」
腹を押さえて、一歩、二歩、扉の方へと…

ドン!
また、銃声が響いて、レミィの背中が跳ねた。

「結花に…何するのよぉっ!!」
震える体で振り向いたら、小さな女の子の影。

スフィーの瞳の中には、銃を構えて立ち尽くすレミィと、血を流して倒れている結花の姿だけが映っていた。


幸せは、形なんてなかった。
青い鳥がいたとしても、幸せになんかなれやしない。
北川を一瞬だけ見て。
(幸せは、私達の心の中にいるんだヨネ?ジュン…)
形あるものはすべて壊れる。幸せに形なんてなかったから。
幸せは手の内に仕舞ってしまえば、ずっと壊れることなんてないと、思っていた。
だけど、幸せが壊れるのは一瞬だった。
(ジュン、ワタシ、幸せだったカナ?……ワタシはね、幸せだったって…)


―――――レミィーーっ!!


暗転する視界の中、最後にそう聞こえた。
それは、ワタシの求めていた幸せのかけら。

【094 宮内レミィ 死亡】
【残り25人】

[←Before Page] [Next Page→]