×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

end of the breakdown


[Return Index]

闇は深く。
それはまるで、海の底の様。彼は一人、漂っている。その中を。
――鼓動。それは深い闇に、延々と響く。
"それ"は不可視の力。抑えきれぬ破壊の力。
溜まりに溜まった暗黒。それは今、彼の身体を壊さんとしている。限界が近い。
どうせ、長くは保たない。分かってる。そんな事は。
――一人ならば。押し寄せる崩壊の予感に、とうに気が狂っていただろうか?
だが今は。狂ってはならないのだ。誰の為でもなく。彼女の為に。

――どくん。

微かな"うねり"。闇は蠢く。
何かが始まった。それは彼自身も聞いていた。闇も。

スガガガガガガガガッ――

聞こえる。遠くから。水の中から聞くように。
銃声。それと、悲鳴。悲鳴だったが、聞き慣れた声。郁未だ。撃たれたのか?
参ったな、助けないと……。

――どくん。

外に出んとする。闇はさらに蠢いて。
力を抑える方法。それは己ごと封じる事。眠る様に。
だが、今はそれどころではない。郁未が危ないのだ。起きなければ。
だが、起きるということは。つまり――

――これで。これで、最後かもしれないってことかな?

力が彼と同化する。交わるように。

……ああ。本当は、君と一緒に出るつもりだったんだけど。すまない、郁未。

外が近付いていく。覚醒は近い。
最後に――

厚かましいかもしれないけど――彼女を頼むよ。国崎君。



微かな、硝煙。火薬の臭いが鼻を突く。
フランクが茂みから姿を現す。本来、殺すだけなら姿を現さずともよいのだが。
理由はただ一つ。彼の目的だ。

少年に絶望と恐怖を与える事――。

恐怖は難しい。飄々としたあの様子。何があろうと恐れはすまい。死んでも、だ。だが、絶望なら?
その為の要素が、今、目の前にいるじゃないか。
天沢郁未――
奴の何かは知らぬ。だが、恐らくは大切な何か。恋人か。それとも。
フランクの顔に笑みが浮かぶ。絶望を与える術。それが思いつく。とても、とても残虐な術。
少年の目の前で、彼女を。
その為に。まずは少年を起こさねばなるまい。蹴るか。それとも撃つか。
天沢郁未が森へと引いていく。少年の身体を引きずりながら。
撃たれた足が痛い。涙目だ。それでも尚、その顔は使命感を帯びて。なんと強い女。
だからこそ、だった。
ズガガガッ!
銃声。四発。その内の三つが、少女の左肩に穴を穿つ。
「うああぁアアッ……!」
悲鳴。半狂乱になって、もがく。遠くから、怒号。そして悲鳴。うるさい。
振り向いて、撃ち放つ。五発。
駆け付けんとする銀髪の男、確か国崎往人、が足を止めた。当たってはいない。
――片手でショットガンは撃てまい?静かにしていろ。
振り返る。少年は未だに目を覚まさない。これでもまだ、目を覚まさない気か?
そうか、なら、次は右肩でも――

びしっ。

妙な音。それは、まるで、何かが弾けるような。
――びしっ。びちっ。
少年の身体から血が噴き出す。目覚めたか?しかし、何故血が出るのだ。
――いや。これは?

ぐううううウゥゥゥゥゥ。

何だ、この声は。待て。"これ"は何だ――!?


「―――」
郁未は、声すら上げない。上げられない。
強烈な重圧?いや、プレッシャー。それは、今立ち上がった者から。
「――イ――――ク――ミ――」
声。辛うじて、呼ばれたのだと気付く。……何?
続きが無い。その代わり、溢れんばかりに浮かび上がった、不可視の力が――消えていく。
そして。
「――すまない、郁未」
最後は、酷く静かな声だった。



【残り25人】

[←Before Page] [Next Page→]