×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

二つの悲劇、二つの殺意


[Return Index]

「レミィ……」
ぽつり、と呟かれた一言。血の香りの中、微かに漂い、消えていく。
北川は、レミィの亡骸を抱えて。泣きもせず、もはや叫びもせず。
祐一は黙ってそれを見ている。縛られてさえいなければ。くそっ。
でも、俺に何が出来るんだ……今の、北川に。
小屋の外からは啜り泣く声。結花を呼ぶ声。何が起こっているのか?
それも、やがて泣き声しか聞こえなくなった。……死んだのか。
悲劇だった。今、目の前に広がっているのは。
焼け付くような痛み。こんなのは、何度も見た。思い出せぬ記憶が訴える。
違う、そんなものは知らない。そう、いつもの様に訴えようとして。
止める。
事態はそれどころではなかった。北川が、立ち上がる。その手に釘打ち機を握って。
「……北川?」
「悪いな、相沢。話は後だ」
祐一に背を向け、言葉を返す。その顔は見えない。泣いているのか?それとも。
だが、その雰囲気。祐一に、予感めいたものを伝えてくる。これは――危険だと!
「北川、お前まさかッ……!」
「………」
答えない。だが、北川は、迷わず開いたドアから外へ出た。その先は見えない。
その行動は、一つの結論を導いた。
「北川!北川ァッ!」
声は届かない。
「お前――あの二人を殺す気なのかっ!?答えろ、北川っ!」
――返事は無い。ただ、最後に見た背中は。
確かに、そう、言っていた。間違いなく。


泣き声。血の量すら少ないが、状況は同じ。小屋の中と、同じ。
少女が泣いている。少女が倒れている。それはまさしく悲劇。
それでも――許す気はない。
「………」
泣き声は止まった。特に直接何かをしたわけでない。いや、したか。
釘打ち機は、確かにスフィーの頭を捉えている。それは何かを語る事無く。
ただ、"死"を語る。
「お前が、レミィを殺したのか?」
淡々と。北川の目には、狂った様子も見られない。
狂っていないからこそ、狂ってないとも言える。まさしく、そうなのかもしれない。
返事は無い。釘打ち機の狙いが変わる。こいつじゃないとすれば、こっちか。それだけの理由で。
黒帽子は、無表情で北川を見ていた。答えは無い。
「……あたしが撃ったよ」
声。それはまさしく、スフィーのもの。芹香の危険を、察知したからか。
釘打ち機の狙いは、また元に戻る。
「結花を撃ってた……。何があったかは知らないよ。でも、だからあたしも、撃った」
「……そうか」
無表情な会話。ただの事実の確認のように。
ああ、レミィ。何でお前は撃ったんだ?撃たなきゃ、お前は死ななかった。
俺が居ない間に何があったんだ?……くそっ。
北川の顔が歪む。悔やむ。己が離れてしまった事を。
こんな事になると知れていれば、死んでも離れなかった――。
「ひょっとしたら、結花が最初に撃ったのかもしれない。でも、そんなの分かりっこない……。
 ……レミィさんだっけ?あの人、貴方の仲間だよね」
すぅ、と立ち上がる。地に横たわる、結花の姿。そして、少女が握るのは――
拳銃。

「俺が、レミィの仲間だから……殺すのか?」
「――芹香さん、下がってて」
答えない。ただ、その言葉は、十分過ぎる程の返事だった。
芹香は、一瞬躊躇ったものの――
「すぐに行くから……」
その言葉で、右手の方へ駆けていった。北川は、芹香を撃たなかった。撃つ気も無い。
静寂。満ちる、殺気。いつ、銃が上がるとも知れぬ、その空気。
――北川!
その中に、一つの声。祐一の声。小屋の中から、空しく響く。
「お前は、レミィを殺した。だから殺す。十分だろ?」
――北川ァッ!
静止を求める声。もはや誰にも届かない。ただ、響く。
スフィーは答えなかった。
――北川、止めろ!北川ァァッ!!


――皮肉にも。
静止を求める、その絶叫が、合図となった。



【残り24人】

[←Before Page] [Next Page→]