×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

この狂気の戦場で


[Return Index]

 銃声と、何か鋭いものが射出されるような音とが、同時に響いた。

「え――」
「な…?」

 潤とスフィーが、それぞれ驚愕の表情を浮かべる。
 互いが、互いを撃ち殺そうとした。
 撃つべき相手は、正面にいる、自分に凶器を向けている相手。
 大切な者を殺された、仇であるはずだった。
 なのに――

「あ、相沢……」

 惚けたように、潤が呟く。
 レミィの仇である赤い髪の女を遮るようにそこにいる、彼の視界に写るのは――
 いくつかの釘と銃弾をその身に受けた、未だ後ろ手で縛られたままの――祐一の姿だった。
「やめろって……言ってるだろ……二人とも……」
 呆然とする二人の間で、言いながら、ゆっくりと、仰向けでその場に崩れ落ちる。
「あ、相沢っ!」
「……」
 潤が、祐一に駆け寄る。
 スフィーまでもが、拳銃を構えた姿勢のまま、呆然としていた。
 殺すつもりで撃ったとはいえ、そこに倒れているのは、違う人間――
 撃つつもりの無かった相手なのである。
 少なくとも、今は。
 人は、そう簡単に、冷酷になったり、狂気に陥ることはできない。
 想像外の相手を撃ってしまったことによって、スフィーの心は、混乱していた。
「おい! 相沢、しっかりしろ!」
 潤の方は、スフィーのことはすっかり失念した様子で、祐一に声をかける。
「もう……やめろよ………殺すだの…殺されるだの………」
 掠れるような声で、空を仰ぎながら言う祐一。
 もうその瞳は、誰も捕らえてはいない。
「相沢……」
「訳もわからんまま、疑われて、捕虜にされて……
 ……人が来ても…また疑って………殺し合って……
 そんなの、おかしいだろ?」

 潤とスフィーは、まるで独り言のように続ける祐一の言葉を、黙って聞いていた。
「この殺し合いが、強要されてるものだって言うなら…
 何故、みんなで協力して、打開しようとしない……
 何故、みんな……人を信じようとしない……
 …何故、みんなで、抵抗しようとしないんだよ………
 そうしなかったら…この「殺し合い」を管理してるやつの…思うツボだろ…」

 それは、この狂気の戦場で、皆が忘れていたこと。
 いつか死んでいった、白い女性が、己の死と引き替えに、皆に訴えたこと。
 祐一が記憶を失ってしまったからこそ、思い出せたこと。

「その現実から逃げちまったらしい俺が、言う台詞じゃ…ないだろうけどな……」
 ぼんやりと、視界に広がる空。
 掠れて、よく見えない。
 遠くから…いや、実際は近いのだろう、北川の声がする。
 何を言っているのかは、もう、聞き取れない。
(……どうして、こんなことをしたんだろうな、俺は)
 祐一は、刹那と久遠が混在する瞬間の中で、ふと思った。
 自分だって、命が惜しい。
 わざわざ二人の前に出なくたって、止める方法は、あった筈だ。
(…俺は…死にたがっていたのか……?)
 そうかもしれない。
 なにしろ現実逃避して、記憶を失ってしまった位だ。
 無意識に死にたがっていたとしても、不思議はないのかもしれない。
(だとしたら……さっきのは、本当に俺が言えた台詞じゃないな……)
 祐一は、心の中で軽く笑った。
 こんな状況でも、皮肉屋祐一は健在らしい。

 急に、今まで出会ってきた人たちの思い出が、心の中をよぎる。
 これが走馬燈というものなのだろうか?
(名雪……秋子さん……あゆ………みんな………)
 この島で、未だ「殺し合い」をさせられてる、
 或いは、もう死んでしまったと聞かされた、大切な人たち。
 特に、名雪と秋子さんのことを思うと、心が苦しくなるのはどうしてだろう……
 そして……
(茜……)
 祐一は、昔出会った、好きだった女の子のことを思い出した。
 参加者名簿に載っていた、同じ名前。
 あの名前が、自分の知っている里村茜と別人であることを、願わずにいられない。
(茜……お前は……違うよな…
 こんな酷い世界で、殺し合いなんて強要させられずに、今もあの空き地で、待ち続けているんだろ……?)
 祐一は、気づかなかった。
 心の中に写る、茜のビジョンが、自分の覚えているものよりもずっと、成長しているものだったことに――



「……」
 スフィーは、涙を流していた。
 今、この人が言ったこと。
 当たり前の事だったのに――
 分かっている筈だったのに――
 それを忘れずにいれば、きっと、結花も、あの金髪の人も、死ぬことはなかったのに――
「相沢っ! 相沢!!」
 潤は必死に、祐一に呼びかけを続ける。
「…みんな……負けるなよ………俺みたいに…な……………」
 そう言って、祐一は、ゆっくりと目を閉じた。



001相沢祐一 死亡【残り23人】

[←Before Page] [Next Page→]