×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Don't say good-bye


[Return Index]

「……俺は、相沢と一緒にいた椎名って子を探すよ」
 三人の埋葬を済ませるなり、北川は強い声でそう言った。
 一度マンションで会ったきりの彼女がどうなったのか、北川は知らない。
 だが、祐一がいない今、彼女の身は心配だった。
 さらにあの明晰な少女なら、遺されたこのCDについて何か知恵を貸してくれるかもしれない、そう考えたのだ。

 芹香の口が、お気をつけて、と言うふうに動いた。
 そしてスフィーが、初めて北川に対して口を開く。

「…………許した訳じゃないわ。あなたも同じだと思う。
 だけどね、まだ、死んでなんかやらないから。
 必ず生き残って、出来ることをやり遂げて、元の生活に戻るまではね」

 頷く。

「お前らも、国崎って奴に頑張って会えよ」
 それだけ言って、北川は踵を返して小屋をあとにした。
 決して、振り返りはしなかった。



 俺、もう一度せいいっぱい生きてみる。
 香里の、祐一の、レミィの想いを胸に抱いて、一緒に生きてやる。

 彼はまた歩き出す。
 道は分かたれているけれども、必ず行き先には何かがあると信じて。

 ――――祐一にも、レミィにも、芹香たちにも。
 さよならは、言わずに。

【第八回放送直前、午前十一時四十五分】
【北川、レミィと祐一の遺品、武器を入手】

[←Before Page] [Next Page→]