×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

張られた本と下された手


[Return Index]

――ふと、目が覚めた。
今まで自分が見ていた悪い夢が覚めたのかとも一瞬思ったが……そうではないことにすぐ気づく。
目の前には、ただむやみに大きなテーブルが広がっていた。
既に自分以外の五人は、自分の席についていない。
「……眠ってしまいましたか……いけませんねえ……」
ただ一人その空間に存在している人物、長瀬源之助があくびをかみ殺しながら呟く。
現実問題として――。
ただ一人管理人としてこの場所に残っている以上、当然責任というものは全て自分にかかる。
源四郎も、源五郎も、源三郎も、源一郎も、フランクも。
他の管理者としての『長瀬』は皆、自らの意志でここを降りていった。

「……源四郎殿は、来栖川綾香の死をきっかけとして、己の戦場を求めて」

――皆よ、悪いが私はこの時点でこの円卓を抜けさせて頂こう。
――身勝手と言いたければ言うがいい。私は失った半身を埋め戻しに行く。
――私がいなくとも、源之助、貴様がいれば”長瀬”は動く。問題はない。
――私に長瀬を問うというならば、それは来栖川を優先した前提でのことだ。
――私は、ただ昔に立ち戻っただけに過ぎないのだからな。


「……源五郎殿は、放逐された高槻の役割を自ら背負うために」

――それじゃあ、僕は高槻の代わりに施設の統括を担当してきますね。
――父さんが降りて、僕が駄目って道理もないでしょう?
――憎まれ役は慣れてますよ。第一、僕たちはそのためにここにいる。違いますか?
――源之助さん、僕はね。マルチとセリオを戦場に送る時点で人間をやめているんですよ。
――僕のかわいい娘たちは、もう二度と笑わない。たとえ直せたとしても、ね。


「……源三郎殿は、その強すぎる正義感が祟り、源四郎殿を許せず」

――身勝手なもんですな、あの親子は。……自分たちだけが悲しいとでも思ってるのか。
――悪いが、私もここで下ろさせてもらいます。……二人下ろした上、駄目とは言いますまい。
――ここに戻るつもりはないので。……私は、私以外のモノになってしまうつもりでね。
――私が本気でこんなことに賛同してたとでも思いましたか? 私は……刑事なんですよ。
――柳川よ……恨み言はあっちで聞いてやるさ……。


「……源一郎殿は、自らが抱えた罪への自分なりの贖罪のため」

――悪い。俺も、降りていいか?
――そんな顔しないでくれ。これでも悪いとは思ってる。すまん。
――俺は、ここでこうしてただ見ていることに、疲れた。それだけだよ。
――なあ爺さん。俺たちに誰かを……まして、自分自身を裁く権利なんて、あると思うかい?
――小言は戻ってから聞くさ。どんな罰だって受けてやるよ。


「そしてフランク殿は、祐介が死んだことに対し……復讐を誓った」

――悪い。降りる。
――心の整理が、つかん。
――エゴだ。これは。
――許すなど、できない。
――身勝手、だな。



「…………」
ふう、とため息をつき、源之助は椅子の背もたれに体重を乗せる。
きしり、と椅子のバネがきしんだ音を立て、電子音だけが響く室内を耳障りにかき乱す。
結局のところ、全員が全員、心の底ではこの企画に賛同などしていなかったのかもしれない。
源之助もそうだが、現に彼らのうち数人が配給品に細工を加えた様子もあった。
そしてその気持ちを表に出すには、あまりに彼ら『長瀬』は自分というものを制御できすぎた。
結局のところ……死地に向かう刹那、覚悟の段に至ってようやく、心情を吐露していったのだ。
「長瀬の名を冠するとはいえ……やはり疑心暗鬼には勝てなかったということですか」
遠い目をしつつ、モニターをぼんやりと見つめる源之助。
誰かが映っていたり、風景しか映っていなかったり、何も映していなかったり。
それに関してはどうでもよかった。
「若者とは、幸せですね……自分で死に場所を選べるんですから」
うっすらと目を細め、ゆっくりと口元を緩くする。
その顔は、優しげで、穏やかで……そして、哀しかった。
「私は……ここから決して動きませんよ。動いてしまえば、全てが終わる」
誰へともなく、ぽつりと口に出す。
あるいは、それは自分への戒め、言葉という名の呪いなのか。
「私がここにいなければ……皆の努力が無駄になる」
自らを押さえつけるように、己の身体に誓いの鎖を巻きつけるように。
源之助は、拳をぎりりと握りしめた。
その指の隙間から深紅の液体がしたたり、ぽたりとこぼれ落ちた。
「他人を死地に送る努力など、しない方がいい……ですが、全員が死ぬよりは……まし、ですよ」
そして源之助の瞳が、空を映した片隅のモニターに移る。
先程までからりと晴れていた空が、にわかにかき曇りつつある。
「スコールですか……いささか遅い涙雨ですね」
自分が、そして他の長瀬たちが、敢えて捨てたともいえる涙。
彼らに代わって泣くように、島は徐々に翳りに包まれていった。

――定時放送は、近い。

【源之助、自らの位置を固持】
【残り23人】

[←Before Page] [Next Page→]