×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

駆ける者達


[Return Index]

G3A3アサルトライフル。その、無骨なデザイン。手に掛かる、確かな重み。
――それは、恐らく、確実に、目の前の"そいつ"を蜂の巣にする。……筈だ。
拮抗。静かな、対立。少年と、フランクは対峙したまま、動かない。
それを少し遠くから見る、往人の姿。貫かれた右肩は、まだ痛む。だが、それどころじゃない。
少年の後ろ。傷が伝える激痛に、もはや気絶しかねん少女の姿。
天沢郁未。
どうする?俺達は勘違いされたままだ。助けるのか……?
「居候!」
背後より、声。後ろには、少し遅れてやってきた晴子、観鈴。
「往人さん……」
「……お前ら」
口を開く。だが、そこから続けるより早く、晴子は、言い放つ。
「引くで、居候」
「なっ……あいつらはどうする気だ!?」
「………」
答えない。だが、目に宿るのは非情の光。それが答えか。
晴子の右腕は、切り裂かれている。――例え、あれが勘違いだとしても。彼女は郁未を許すまい。
左手は、観鈴の腕を掴んでいた。走り出さないように。決して離さぬように。
その効果はあった。観鈴は、郁未を見ている。だが――走り出す事は、出来ない。
「……っ」
左手に握られた、ベネリM3。ついさっき、晴子から取り返したばかりの銃。
握る手が、汗に滲む。くそっ。俺は、こんな時に……!
別にあの少年がどうなろうが知った事じゃない……いや。あいつは、もう、"助からない"。
それは予感。今にも消え失せんとする、その雰囲気。少年からは、それが僅かに感じ取れる。
だからこそ、あの少女だけは――。
――その時、不意に、左手が涼しくなった。風が、左手の熱を奪う。そこには何も無い。
振り向く――ベネリM3は、観鈴の手にあった。首を振る。行ってはいけない、と。
見捨てるのか?
だが、目に、顔に浮かぶ、悲痛な表情。それは、本当なら、助けに行きたいと。
だけどそれは、他の二人を死に追いやるかもしれない行為。救う為に、誰かを死なせる。そんなのは、嫌だ。
だから。
――往人の顔が、歪む。畜生。

気付けば、自分の身体が一歩前に出ていた。先にあるのは、一瞬即発の事態。
そこは確かに、死が在った。行けば、死ぬかもしれない。
恐い。当然だ。死にたいなどと思った事はない。
……だが。
………。
「おい」
後ろを見ず、呼び掛ける。晴子は、脂汗の浮かぶ顔を、往人の背中に向ける。
「観鈴を連れて、反対の方へ逃げてくれ。……後で追う」
「――居候!?」
「頼んだぞ」
そして、駆ける。観鈴が伸ばした手は、往人を捉える事は出来なかった。



動かぬ事態。変わらぬ対峙。依然として、"そいつ"は動かない。
もはや恐怖、絶望、そんな事にこだわっているレベルではない。"こいつ"は、獣だ。
撃ち落とし。引き裂いて。叩き潰す。それだけだ。死を持って、償わせてやる。
きりきりと、張り詰めた空気。何か、一つ、きっかけでもあれば弾け飛ぶだろう。
背後にへたり込んだ少女。服を、靴を、血に染めている。放っておけば死ぬだろうか……。
―――。
その時。不意に、何かが近付いてくる音。駆ける音。
叫び声。名を呼ぶ声。居候!往人!……往人?
あの銀髪の男か!
振り向く。G3A3の銃口が、向きを変え、銀髪の男を捉える。邪魔だ。撃ち落とせ。
だが、一瞬早く、影が回り込む。それは確かに、少年の姿!
しまった――!
「ぐおおおおおオォォォッ!」
ズガガガガガガガガガッ!
咆吼!続く銃声。放たれた弾丸が、"それ"を叩き落とさんと、空間を貫く。
当たったか?いや、当たる筈が無い。くそ!
だが、それは、一つだけ当たっている。舞い散る血の軌跡、少年は、腹を貫かれていた。よし。
それでも、その疾さは失われてはいない。――化け物め。
バックステップ。少年の姿が、森へ消える。逃がすか。
フランクは、再び森の中へ駆け込んだ。手負いの獣を、叩き落とす為に。

……その一瞬の戦いが、男の存在を忘れさせた。

一か八かの賭け。往人は、郁未に向かって、一直線に駆けた。
ライフルに撃ち抜かれる可能性は、無論、高かった。――だが、幸いにもそれは無い。
ならやる事は一つだ。
辿り着く。郁未は、睨み付けるような視線を往人に送る。
肩を貫かれ、足に穴を穿たれ。だがその眼光は、衰えていない。やれやれ、気丈過ぎるぞ。
「あんたっ――」
聞いてる場合か。少女を抱え上げる。幸い、軽い。左手一本で、何とかなった。
振り返り、駆ける。脇に抱えた少女が何やら叫ぶ。無視。
このまま行ければ、こいつだけは何とかなるかもしれない。


――無論、そんなわけが無い。


がさぁっ!

後ろから、何かが躍り出る。草葉を揺らし、飛び出す影。獣?違う!あの少年か!
あの野郎、追ってきてるってのかッ――!



【残り23人】

[←Before Page] [Next Page→]