×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

さよなら


[Return Index]

鼓動。自分のものである筈のそれは、酷く大きく聞こえて。
背中に感じる、感触。それは、ずっと共に居た者。それは、今、まさに、死に絶えんとする者。
………。
これが、彼の最期。そんな事は分かってる。
だからこそ、逃げてはならない。逃げる事は許されない。
その為に――殺すのだ。
不思議と、震えはなかった。今から、人を殺すというのに。何故だろうか?分からない。
でも、分からなくてもいいのかもしれない。それは、分からずとも、"知っている"。
手に被せられる、大きな手。微かに震えている。でも、それは、確かに、心強かった。
最後の一撃を。
……最期の一撃を。
あの男に、叩き込む。
この銃に、思う事は何か。恐らく、あの男を殺せば、もう撃つ事は無い。その筈だ。
だからこそ、今思う。必ず、当てると。
音も。匂いも。空気も。
世界を。そして、自分を。全てを、銃と一つに。
否、彼と一つに。
凄まじいまでの集中力。死と、生を越えた、どこかにある、力。
御堂も傷さえ負っていなければさぞや驚いた事だろう。ゲーック!とでも言っただろうか?
………。

―――。

―――。

長い、長い、一瞬。それが、終わる。
姿を現した。白衣。男の顔。そうだ。狙うは、"それ"だ。
「撃てっ――!」
声。それよりも早く、詠美は、引き金を、





――轟音、二つ。





悲鳴を上げる暇すら無かったろう。血と、脳漿を撒き散らし、倒れるモノ。
放たれた弾丸は、その額に穴を穿ち。肉を破り、骨を砕き、脳を蹂躙し、引き裂き、吹き飛ばす。
朱と白の霧、その中に、倒れ込むは、



長瀬源五郎。



グシャァッ!
何かを叩き付けられる。衝撃に、バランスを崩し、詠美は後ろへ倒れ込んだ。無論、御堂も同じだ。
身体を打ち付ける。痛い。思わず、目を瞑ってしまった程だ。
どこ撃たれたんだろ。頭?って、それなら死んでる……よね。
酷く冷静な思考。頭じゃないなら何処なのか?いや、ひょっとしたらもう当たってて実は死んでるのかも?
まっさか。ゆーれいじゃあるまいし。失笑した。
………。
まだ、痛くない。おかしい。……やっぱ私、ゆーれい……?うぅ、いやいや。
………。
……?
当たってない?
気付く。だが、あの男が外す筈も無いだろう。なら、何に当たったというのだ。
ゆっくりと、ゆっくりと目を開く。

―――。
すぐに、それは分かった。
すぐ目の前。びくん、びくんと身を震わせる、何か。
目は虚ろ。生きているのか、死んでいるのかすら分からない。
それは――犬。ポテト、だ。
胴の真ん中。紅い、紅い穴。未だ、血を吹き出し続けるそれは、紛れもなく。
――そう。彼は、身を呈して。彼女を救ったのだ――。

――へへ。
彼は笑う。
へへ。へへへへ。
笑う。心の中でか。それとも、ちゃんと笑ってるのか?そんな事、知ったこっちゃねぇ。
女の顔が見えた。ぽかん、と気の抜けたような顔してやがる。ま、無理もないか。
ああ、痛ぇ。何やってんだろうな、俺。
気が付いたら、飛んでた。犬をナメたらいけねぇ。男の銃が、女の眉間を貫く事など、すぐに分かった。
あとは……このザマだ。くそ、痛ぇ。……なんか痛くもなくなってきてるな。
あぁ、逝っちまうのか、俺。人間の為に命張っちまって、それで死んじまうのか?やれやれだぜ!
………。
……ああ、女が、泣いてる。泣くんじゃねぇよ。せっかく助けてやったのによ。ったく。
あ、見えなくなった。なんかもう痛くもねぇな。とうとうオシマイか?
………。
抱き、上げられてるのか。血が付くってのに、よ。お構いなしかよ。
――でも、暖けぇ――な。

――ああ。こんな、死に方も――悪くねぇ、かも、なぁ――。



「その、獣が、おめぇを庇ったってぇのか」
「……うん」
静かな、通路。その中に、一つ、啜り泣く声。
「……けっ。たかが獣が、大したこと、しやがるじゃねぇか」
笑う。笑えば、笑う程に口から血は吹き出して。もはや笑う事すらままならない。
……それでもいい。死ぬのは分かってる。
顔。顔。記憶の中に埋もれたそれが、走馬燈のようにぐるぐると回る。いや、事実走馬燈か。
蝉丸――ああ、結局勝ち逃げされんのか。けっ。
……まぁ、しょうがねぇ、か。……地獄になんか来んじゃねぇぞ。来たら撃ち落とす。分かったか。
――ああ、あゆっつったか?あのガキか。泣いてやがる。おめぇ、頭の中でまで泣いてんじゃねぇ。ガキが。
くそ、そういやあいつのせいでこんな事になっちまったのか。呪うか?
………。けっ、面倒くせぇ……止めだ。
ぐるぐる。ぐるぐると回る。くそ、こんな所で死ぬなんて、よ。
――生きたかった。だから、何よりも、まずは生き残ろうとした。
最初の頃は――その為には、他人を蹴落とすつもりですらあった。――それなのに。
今じゃ、死ぬ前に笑おうってんだからなぁ……。けっ。腑抜けてやがる。
とりあえず、そう、ぼやく。だが、心の何処かで――それでもいいと。そう思っているのである。
自分は、変わったのだろうか?
白衣の男も言った。らしくない、と。
それに対して自分は言った。踊らされるのは、嫌だと。
……自分は、自ら、これを望んだというのだろうか。本当に、これを望んでいたのか。
これが。これが、本当の、俺なのか……?
詠美は未だ、泣き続けている。

「……泣いてん、じゃねぇぞ」
細く、細く。声は、虚ろに響く。
それでも詠美は、泣くのを止めた。そう、それでいい。
「泣いてたら、おめぇらしく、ねぇ、からな」
「―――」
「笑って――笑って、バカやってろ。そうじゃねぇ、と、おめぇらしく――」
がふっ。
血が舞った。吐き出された血が、死が近い事を示していた。もう、これまでか。
いや、もはや、目の前すら暗くなりつつあった。瞳孔散大。そうじゃなくても死が近ぇってことかぁ?くそったれ。
「……ぁっ」
何を言っているのか?いや、そもそも、何か言ったのか?それとも自分が聞こえてないのか。
「―――」
自分も何かを返す。いや、返した、筈だ。そんな事は知らない。本当なら、聞こえてはいない筈なのだから……。
目も。耳も。もはや全てが死に絶えようとしている。
それでも、口だけが動いていれば。少なくとも、それなら、あのバカは……寂しがらねぇだろう。
――そして、もはやそれすらも、動かなくなって。
……最期に、思った。らしくねぇな……と。
確かにそうだ。だが、それでも、


――満足だった。



【残り22人】

[←Before Page] [Next Page→]