×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今語られる真実


[Return Index]

この大会の作られた理由、それは――贄――
不条理な理由で殺されたことによって生まれる様々な感情。
悪意、絶望、恐怖、殺意、怨恨。
空に浮かぶ呪いの求める呪詛。
飽きる事を知らぬ呪いの欲望を満たす為、そしてその力を掠め取るため。
その計画を考えついたのは『FARGO』
しかしその力を結晶化するにはあまりに技術不足であった。だからFARGOは援助を求めた。
『長瀬』のトップ、長瀬源之助に。


空に浮かぶ船の中、老人は一人独白した。
――始めは好奇心だった。これほどの呪詛を秘めた物はグエンディーナでも見たことは無かった。
――新たなる生命を生む悦び、未知なる物に挑戦する快び、それは魔術師としての性。
――己の力を過信していた、たかが呪詛程度簡単に消去できると思っていた。
――しかしその力のごく一部を結晶化するのに成功したとき、自らの過ちに気がついた。
――周りの科学者どもはただ浮かれていた、実験の成功に酔いしれて。
――しかし私には『力』があるが故にその秘めたる力に気がついていた。
――気がついたときには手遅れだった、封印の中で奴は確実に力をつけていた。
――すでに私が相手を出来るレベルでは無くなっていた。
――封印を破らないのは餌が手に入るからだ、上質の贄が。



決着は自分の手でつける、他の全てを犠牲にしてでも。


――それからは奴を弱体化するための手段を探し回った。様々な禁呪にも手を伸ばした。
――各方面に援助を求め、長瀬としての力も付けた、各地の能力者とのパイプも作った。
――計画に気が付いた高槻を処分してFARGOの力を削いだ。実権はすべて長瀬へ。

この計画は2つの鍵で成り立っている。一つは人選。
空に浮かぶ呪いは呪詛を求める、それゆえにあるものに弱いのだ。
それは愛情、友情、希望、自分の命を捨ててでも相手を守ろうとする善き心。
それゆえに人選を長瀬の手にまとめる必要があった。
そしてもう一つの鍵があった、それは能力者。
呪いを高めるのはさらなる呪詛、しかし魔術の力を高めるのは強き魂。

「神奈よ、今回の大会がお前の最後です。準備は全て整いました。
 この島はすでに血で汚れています、しかしそれを超える思いで満たしました。
 そして世界でも最高ランクの能力者達の魂。
 長瀬源之助、生涯最大の呪文でお相手します。」

他の長瀬は死に場所を決められた、それは若さゆえの特権。
しかし源之助はそれができない、すでに命の使い道は決まってるからだ。

[←Before Page] [Next Page→]