×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

偽りの形見


[Return Index]

剥げた大地。粉砕された草木。頬を幾度と無く打つ、水滴。雨だ。
晴子はその中で目を覚ました。
痛みと、息苦しさ。草陰に、転がり込むようにして倒れていた。
すぐ隣にあった木が真っ二つに折れている。幹は30cmもあった。
木が、身代わりになったのか?
少し首を巡らすと、折れた木の半身は案外すぐに見つかった。転がっていた。10m程に先に。
ぞっとする。一歩間違えば、自分がああなっていたのか?
だが、今生きている事には違いない。折れた木に、そっと感謝する。
立ち上がる。と、走る痛み。肩からではない。腕からでもない。足?
何となく見やる。なるほど、原因は知れた。折れた枝が突き刺さり、傷から一本の紅い川が流れている。
細い、細い枝だ。貫いてもいない。降りしきる雨に濡れている。抜き取ると、少し血が出た。
適当に縛り付ける。結局、左の袖も無くなった。
「――観鈴?」
呼び掛ける。何処にいるのかは知らない。倒れているのだろうか?姿は見えない。
返事は無かった。
「居候?」
さらに呼び掛ける。図体も態度もでかい男だ。倒れていても、見える筈。
それでも姿は見えなかった。返事も無い。
それだけではない。少年も。あの少女も。そしてあの男も。
誰も居なかった。誰も。誰一人として、動くものは無い。虫一つ、見当たらない。
「居候?……観鈴ッ!」
声は返らない。何処だ。何処にいる?
倒れているのかもしれない。万が一、傷を負っていたら?
自分は枝が刺さっていた。二人に何が刺さっているか知れたものではない。
細い枝でも、目に刺されば死にかねないのだ。自分は運が良かったに過ぎない。
名前を叫ぶ。観鈴の。往人の。決して届かない、叫び。次第に、その声は悲痛なものになっていった。


雨の水滴が喉を打ち、思わず咳き込む。ようやっと、悲鳴のような呼び声が止まった。
喉が痛かった。何度叫んだ?知るか。数えてなどいない。
今が何時さえも解らない。自分が何処にいるのかすら解らない。
喉が痛い。ああ、目が、熱い。泣いているのか?違う。どうして泣くのだ?何故?
……何でおらへんのやッ。観鈴!
喪失感。気が狂わんばかりの、焦り。もはや声など出なかったが、それでも名を呼んだ。
隣に居た者。護るべき人。狂気の中、狂気の島で、一つだけ、己のココロを繋ぎ止めた"鎖"。
あの子がいる。それだけで、晴子は"普通"でいられた。どんな時も、後ろにあの子が居たから。
何度も、自分の側から離れた。その度に、感じた、焦り。走り出したその背中が、死へと向かっているようで。
まるで、羽が生えているようで。
いつか、共に居た者が、泣いていた時。晴子は、観鈴の話をしてやった。往人の話をしてやった。
彼女は泣きやんだ。笑ってくれた。嬉しかった。まるで、二人が、彼女を救ったようで。
だが、彼女はもう居ない。そして今、自分は、泣いている。
しっかりしぃ、自分。あさひちゃんに笑われんで。
それでも涙は止まらない。悔しかった。自分を殴りつけたかった。腹立ち紛れに、叫んでいた。

時折走るイメージ。血の海で、倒れる二人。お母さん、お母さん――苦しげに、名を呼ぶ声。
違う!二人は生きている。そんな筈は無い。勝手な妄想だ。しっかりしろ。前を見ろ!
再び走るイメージ。無視だ。前を見ろ。名を呼べ。声を出せ!
白光。強烈な光。消えていく景色。光に包まれる、二人の姿。痛い程に鮮明なイメージ。
止めろ。ふざけるな。そんなものは見ていない。そんなものは見ていない。そんなものは見ていない。
二人は生きている。血も無い。死体も無い。何処かに逃げたんだ。そうだ。そうに決まってる。
黙れ!溶けるわけがない!止めろ。止めてくれ。観鈴。居候!目が痛い。観鈴!


「―――」
もはや声など出ていない。口だけが、形を刻む。涙と、泥。歪んだ顔。
血の滲む傷口。縛り付けられた布は、既に真っ赤だった。
見えてくる、剥げた大地。既に三度も見た。ぐるぐると、同じ所を走っているのだ。
もはやそんな事にも気付きもしない。怒り。焦り。そして、渇望。
狂っていた。間違いなく、それは、狂っている。
光を失った目が、何かを捉えた。草の中、雨に濡れて転がる物。
シグ・ザウエルショート9mm。
ふらふらと、歩み寄った。既に走ってすらいない。一歩、一歩。倒れる寸前だ。
ようやっと辿り着く。しゃがみ込んでそれを拾い上げた。
やっと、見つけた。でも、それは観鈴ではない。観鈴ではなく。
「観鈴」
ぽつり、と呟いた。声のない叫び声よりも、ずっと、ずっと明瞭な声で。
持ち主は居ない。誰も居ない。たった一つ、一つだけ、残された銃。
目が熱い。熱い。泣いているんだ。それだけ解った。
立ち上がりもしなかった。ただ、ただ泣き続けた。泣き声が、雨の中に、消えていく。
自分が、倒れていた事にも気付かなかった。落ちていく。奈落の底へ。
そこで見た。思い出す、爆発の瞬間。
白光。衝撃。そして、半身が溶け、消えた、愕然とした顔の、観鈴。
それは明らかな、自分の記憶。間違えようのない、記憶。
つまり、観鈴は死



悲鳴。
最後に、晴子の意識は闇へと落ちた。



【残り22人】

[←Before Page] [Next Page→]